カジノ攻略

ビットコインでもプレイできる!バカラのルールを紹介

ビットコインでもプレイできる!バカラのルールを紹介

オンラインカジノでプレイできるゲームとして人気を集めているバカラ。最近ではビットコイン バカラという仮想通貨でプレイすることができるゲームも誕生しており、ますます人気が高まっています。

そこでこの記事では、これからバカラをプレイしようと考えている方に向けて、バカラのルールを紹介していきます。

バカラのルール

バカラでは、ゲームが開始される前にベットを完了させる必要があります。その後、プレイヤーハンドとバンカーハンドと呼ばれる2つのハンドにそれぞれ2枚のカードが配られ、ゲームが開始されます。

バカラでのゲームの目的は、どちらのハンドが9に最も近い合計値を獲得するかを予測することです。そのため、ベッターは「プレイヤーの勝利」、「バンカーの勝利」、「タイ」のいずれかにベットすることができます。

ハンドの合計を計算する際は、10とフェイスカードはすべて0、エースは1、残りのカードはすべて数字通りに計算されます。

ただし、9よりも高い点数のハンドがあった場合は、元の合計から10を引いて点数を調整します。

バンカーハンドとプレイヤーハンドが3枚目のカードを引くかどうかは、ハウスルールによって決定されます。そして、バンカーとプレイヤーの両方がすべてのカードを引き終わった時に、カードを全て表向きにして詳細を決めます。

配当

バカラでは「プレイヤーの勝利」、「バンカーの勝利」にベットして予想が的中した場合、2倍の配当を受け取ることができます。一方で、「タイ」にベットして予想が的中した場合、7倍の配当を受け取ることができます。

バカラをプレイするためのヒント

オンラインカジノのバカラで勝つためにはいくつかのコツがあります。ここではそれらのヒントを紹介していきます。

「タイ」にはベットしない

バカラはペイアウト率が高いカジノゲームです。しかし、「タイ」にベットした場合は、ハウスエッジが約14.4%と非常に高くなっています。そのため「タイ」にベットするのを避けるのが鉄則です。

バンカーかプレイヤーのどちらか一方に賭け続ける

バカラを長くプレイするのであれば、ゲームごとにバンカーとプレイヤーのどちらかに賭けるかを変えるのではなく、どちらか一方に賭け続けるのがいいとされています。

バンカーに賭けた場合、予想が的中した場合コミッションが取られてしまいますが、バンカーが勝つ確率はプレイヤーが勝つ確率よりもわずかに高く設定されています。そのため、最終的には利益を出しやすくなります。

プレイヤーに賭ける場合は、バンカーよりもわずかに勝率がひくくなります。そのため、3連敗したら金額を1.5倍に引き上げるなど、リターンを増やせすようにベット額をジャカン高くするのがポイントです。

資金管理をしっかりと行う

バカラをプレイするときには、しっかりと資金管理をしましょう。どれくらい勝っているか、どれくらい負けているかをしっかりと把握しつつ、ゲームをプレイする必要があります。このように資金管理をすることで、バカラで必要以上の資金を使い過ぎてしまうことを防ぐことができます。

 

関連記事