カジノ攻略

バカラの歴史と現在

バカラの歴史と現在

 

バカラは、長く魅力的な歴史を持つカードゲームです。日本国内でもバカラの人気は高く、オンラインカジノでは多くの人がバカラをプレイしています。

また、バカラはペイアウト率が高いことから、ハイローラーからも人気を集めています。

この記事では、バカラ ゲームの歴史について見ていきましょう。

 

イタリアの起源

多くのカードゲームの歴史は、古代中国までさかのぼることができますが、バカラはそうではありません。バカラに関する最古の記録は、中世のイタリアに残されています。

バカラはは、1400年代にフェリックス・ファルギエールによって考案されました。彼は、このゲームをイタリア語でゼロを意味する「Baccara」と名付けました。このゲームはエトルリアの伝説に基づいており、ある処女が9面体のサイコロを投げるよう強制されたことに関係しており、サイコロが出た目が彼女の運命が決まるのです。

8か9が出れば、巫女として迎えられ、6か7が出れば、一生を棒に振ることになる、そして6か7なら命は助かるが、村の祝い事から外される。6以下の場合は、海に追放され、波のなすがままにされる。これがバカラの起源だとされています。

 

フランスへの進出

バカラは、1800年代に入ってから、フランスでプレイされるようになりました。バカラはもともとシュマン・ド・フェール(Chemin de Fer)と呼ばれていましたが、後にバカラという名称が付けられます。

フランスでは国王シャルル8世はこのバカラを特に好み、やがてフランスの貴族たちもこのゲームに夢中になり、大いに楽しみました。

そして、バカラは海峡を越えてイギリスへ渡ります。ここでもバカラは人気を博しましたが、最も有名になったのはジェームズ・ボンドの作者、イアン・フレミングでした。ボンドは世界で最も有名なバカラプレイヤーだと言えるでしょう。

 

アメリカ大陸へ

バカラは19世紀後半にアメリカ大陸に渡りました。この頃南米やカリブ海地域のプレイヤーは、このゲームを「パントバンコ」と呼んでいましたが、シュマン・ド・フェールとしてプレイされていた頃とルールは少し変わっていました。

そして、ラスベガスのカジノでバカラがプレイされるようになったことをきっかけに、アメリカでもハイローラーの間でバカラが人気を集めるようになったのです。

 

現在のバカラ

バカラはハイローラールームでプレイされているのが一般的でしたが、現在ではバカラはより多くの人にプレイされています。

そのきっかけとなったのがオンラインカジノです。最近ではオンラインカジノを利用することで、誰でも気軽にカジノゲームをプレイできるようになってきています。そして、オンラインカジノのバカラではベット額が低く設定されているため、ハイローラーでなくても気軽にプレイできるようになったのです。

また、オンラインカジノでは入金不要のボーナスなど、プレイヤーが少しでも有利にゲームを進められるようなインセンティブが用意されており、リスクを取らずにバカラをプレイすることも可能です。

少し前まではバカラというとジョン・W・ゲイツやジェームズ・ボンドといった大物プレイヤーが、華やかなカジノでプレイしていたイメージですが、現在のバカラは大きく変わっているのです。

関連記事