このページでは、土マグナの理想編成・武器ごとの必要本数について解説します。

これから土マグナ編成を強化する際の参考になればと思います。




この記事の武器編成について

この記事では、特定の場面で強力になる特化編成ではなく、多くの場面で使えることを前提にした武器編成を紹介しています。

また、記事に載せているのは最終段階の編成です。

マグナ編成作成~マグナ4凸編成までの途中段階の編成については、以下の記事をご参考ください。

土マグナの編成例

土マグナの編成例を載せます。

以下の編成例をベースに必要に応じて武器を入れ替えてみてください。

汎用編成①

装備編成
  • メイン武器×1
  • ゴブロ斧×3
  • ゴブロ刀×2
  • 永遠拒絶の竪琴×1
  • バハ武器×1
  • オメガ武器×1
  • ウリ拳×1

※安定してダメージ上限を出せる場合はバハ武器⇒白虎邪(アンダリス)

基本的に土マグナ編成は、上記のような構成を目指すといいでしょう。

ゴブロ斧3本に両面ユグマグで確定クリティカルになり、水属性相手にダメージを出しやすくなります。

あとは、ゴブロ刀などのHPを伸ばせる武器を入れることで、戦闘中の安定感も増します。

汎用編成②

装備編成
  • メイン:オメガ武器
  • ゴブロ斧×3
  • ゴブロ刀×2
  • 永遠拒絶の竪琴×1
  • ゼノウォフ剣×1
  • 白虎邪×1
  • ウリ拳×1

※ゼノウォフ剣の部分はゴブロ刀、5凸ユグ剣、虚空武器でも可

両面ユグマグなら、オメガ武器の奥義で土属性バフを付与することで、ダメージを大きく伸ばせます。

また、土マグナ編成に足りない連撃も奥義バフである程度補えるので、オメガ武器をメインに装備することで火力を出しやすくなります。

刀パ編成

装備編成
  • メイン:英雄武器など
  • ゴブロ斧×3
  • ゴブロ刀×1
  • 永遠拒絶の竪琴×1
  • オメガ刀×1
  • 虚空槍×1
  • 白虎邪×1
  • ウリ拳×1

※クリュサオルの場合CWはゴブロ刀でもOK

最終オクトー、ブローディア、リミカインといった得意武器がのキャラでPTを固めることを前提にした編成です。

オメガ・終末武器に加えて、与ダメージを伸ばせる虚空槍を入れることで、ダメージをさらに伸ばせます。

剣パではなく刀パを組むなら、上記のような編成にするといいでしょう。

クリュサオル編成

装備編成
  • メイン:ヴァッサーシュパイアー
  • CW:土オメガ剣・刀or無銘金重
  • ゴブロ斧×4
  • 秋ノ落葉×1
  • 永遠拒絶の竪琴×1
  • オールド・ペルセウスor5凸ユグ剣×1
  • ウリ拳×1

※オメガ・終末武器の第二スキルは、アビダメ上限UP/奥義orCB上限UP
※オクトーで200%奥義を打ちたい時に奥義ゲージが20%足りないならCWは無銘金重

クリュサオルでフルチェインを打ち、短いターン数で大ダメージを狙う編成です。

1ターンで2000万以上のダメージを与えることも可能なので、短期戦で活躍します。

召喚石は、開幕アーセガル⇒デュアルアーツで主人公奥義の流れを作るために、ユグマグ×3凸黄龍にするのが基本です。

この場合、片面ユグマグになるので、確定クリティカルにするためにゴブロ斧4本+秋ノ落葉1本にします。

PTは、奥義が強力なオクトーに加えてサラーサ、奥義にアビリティ枠の追加ダメージが付くジークフリート・ダーントなどが候補になります。

※クリュサオル編成については、こちらの記事もご参考ください。

黄龍はフレ石で選択することで開幕から召喚できるので、2ターン連続フルチェインがやりやすくなります。

土マグナ編成における召喚石の組み合わせ

土マグナ編成における召喚石の組み合わせは、水属性が相手ならゴブロ斧のクリティカルを活かすために両面ユグマグにするのがオススメです。

ゴブロ斧4凸3本で確定クリティカルになるので、ダメージを出しやすいです。

例外としてクリュサオルで奥義周回をする時は、3凸黄龍×4凸ユグマグになります。




土マグナ編成の構成と武器種ごとの解説

武器枠本数候補武器
①メイン武器1四天刃
オメガ剣・刀
無銘金重
ヴァッサーシュパイアー
②通常攻刃枠1バハ武器
白虎咆拳・邪
宝剣アンダリス
③方陣・攻刃枠1~3ユグ剣
ゴブロ刀
オールド・ペルセウス
秋ノ落葉
④方陣・渾身枠3~4ゴブロ斧
⑤EX枠0~1ゼノウォフ剣
ゼノウォフ琴
⑥天司武器1ウリ拳
⑦オメガ武器0~1
⑧終末武器1永遠拒絶の竪琴
⑨虚空剣0~1-
⑩虚空槍0~1-

①メイン武器(1)

候補武器
  • 四天刃
  • オメガ剣・刀
  • 無銘金重
  • ヴァッサーシュパイアー

四天刃

奥義効果
味方全体のDA/TA30%UP(3ターン)

他のメイン候補の武器を持ってない場合は、メイン武器は四天刃が使いやすいです。

奥義を使うことで、味方全体の連撃率が上がるので、手数が増えてダメージUPに繋がります。

オメガ剣・刀

奥義効果
味方全体の土属性攻撃/DA率30%UP(4ターン)

水属性相手なら、土マグナ編成は両面ユグマグが前提になります。

両面ユグマグだと、土属性バフの恩恵が大きいので、オメガ武器の奥義の土属性攻撃30%UPを付与することでダメージを大きく伸ばせます。

また、オメガ武器にスキル「闘争」を追加することで、得意武器が一致するジョブ・キャラのDA/TA率が20%UPするので、連撃手段を確保し辛い土マグナ編成では重宝します。

さらに第二スキルでダメージ上限を伸ばせるのも大きいです。

土属性の場合は、得意武器が剣・刀の強力なキャラが多いので、オメガ武器の武器種は剣・刀が候補になります。

ただし、最終オクトーがPTにいる場合は、奥義で同枠の土属性バフ(20%)を高頻度で付与できるので、オメガ武器をメインに持つメリットは少なくなります。

オメガ武器の第二スキルは、得意武器種が一致しないキャラにも効果があります。
また、オメガ武器と終末武器の第二スキルの上限UPの効果は”同枠”で重複しません。
そのため、両方編成に入れる場合は、スキルは別々にすることをオススメします。(例:オメガ奥義上限UP/終末通常上限UP)

得意武器が剣の主要土属性キャラ

  • サラーサ
  • ジークフリート
  • レ・フィーエ
  • アレーティア
  • ブローディア
  • ヴィーラ(水着)

得意武器が刀の主要土属性キャラ

  • オクトー
  • ジークフリート
  • アレーティア
  • ブローディア
  • カイン

無銘金重

奥義効果
味方全体の奥義ゲージ10%UP

無銘金重のスキル
スキル1【剣豪の賦性】奥義ゲージ上昇量50%UP
◆メイン装備時/主人公のみ
スキル2【剣豪の資質】エンブレムによって変化

エンブレム追加スキル
英勇チェインバースト性能UP
◆メイン装備時
天聖奥義ゲージが100%以上ある時、自属性追撃50%
◆メイン装備時/主人公のみ
魔獄奥義発動時、味方全体の奥義ゲージ上昇量30%UP(3ターン)
◆メイン装備時

無銘金重は武器自体に攻刃はありませんが、そのかわりに奥義でPT全体の奥義加速に貢献できます。

特にオクトー・ブローディア・リミカインの刀パでは、奥義をガンガン回せてバフを維持できるので、メイン武器として強力になります。

エンブレムは、PT全体の奥義ゲージ上昇量を30%UPできる魔獄がオススメです。

ヴァッサーシュパイアー

奥義効果
自分の攻撃10%UP(累積/最大50%/永続/別枠)
自分の連続攻撃確率UP(累積/永続)

ヴァッサーシュパイアーのスキル
スキル1【双剣の賦性】アナザーブレードIIの性能UP
◆メイン装備時/主人公のみ
奥義ダメージ20%⇒30%UP
奥義上限10%⇒15%UP
スキル2【双剣の資質】エンブレムによって変化

エンブレム追加スキル
英勇アビリティダメージ性能UP
・アビダメ0.5倍UP
・アビダメ上限20%UP
与ダメージ上昇
・敵最大HPの5%分加算(最大5万)
◆メイン装備時/主人公のみ
天聖ディプティクがバトル開始時から使用可能
◆メイン装備時/主人公のみ
魔獄奥義発動時、敵に自属性5.0倍追加ダメージ(上限約63万)
◆メイン装備時/主人公のみ

ヴァッサーシュパイアーは武器自体に攻刃はありませんが、そのかわりに奥義で主人公を永続強化できます。

また、エンブレムで魔獄を付けることで、奥義に追加ダメージが発生してさらに奥義ダメージを伸ばすことができます。

この追加ダメージは、アビリティ枠なので、オメガ・終末武器のアビダメ上限UPでダメージを伸ばすことも可能です。

クリュサオルで奥義周回するときはもちろん、奥義周回以外でもメイン武器として活躍します。

②通常攻刃枠(1)

候補武器
  • バハ武器
  • 白虎咆拳・邪
  • 宝剣アンダリス

バハ武器

候補武器
  • バハ短剣(ヒューマン/エルーン)
  • バハ剣(ヒューマン/ドラフ)
  • バハ銃(ヒューマン/ハーヴィン)
  • バハ槍(エルーン/ドラフ)
  • バハ斧(ドラフ/ハーヴィン)
  • バハ杖(エルーン/ハーヴィン)

※PTキャラの種族による

バハ武器は、スキルLv15で通常攻刃32%/HP18%UPと非常に高いスキル効果を持っています。

そのため、通常攻刃武器をあまり並べないマグナ編成なら特に強力になります。

編成に入れる場合は、PTキャラの種族に合ったバハ武器を1本入れましょう。

ただし、白虎咆拳・邪などの他の通常攻刃枠の武器を入れる場合は、通常攻刃枠が過剰になります。

その場合は、バハ武器は入れなくてOKです。

白虎咆拳・邪(宝剣アンダリス)

土マグナ編成が完成すると、ダメージ上限を出せる機会が多くなるので、白虎咆拳・邪のダメージ上限7%UPを活かせます。

そのため、土マグナ編成が完成しているなら白虎咆拳・邪も編成候補になります。

ちなみに、宝剣アンダリス(4凸)も白虎咆拳・邪と同じでダメージ上限が7%UPするので、持っている場合は宝剣アンダリスでもOKです。




③方陣・攻刃枠(1~3)

候補武器
  • ユグ剣(5凸)
  • ゴブロ刀
  • オールド・ペルセウス
  • 秋ノ落葉

ユグ剣(5凸)

方陣・攻刃武器の中でも攻刃値が高いので、この武器を並べるだけでも十分火力を伸ばせます。

火力面では、5凸ユグ剣>4凸ゴブロ刀になります。

ただし、HPを伸ばしたいなら、ゴブロ刀を増やす方がオススメです。

ゴブロ刀

火力面では5凸ユグ剣に劣りますが、スキルに最大HP上昇(小)が付いてるので、ゴブロ斧の渾身維持にも役立ちます。

基本的には、この武器を増やしてHPを伸ばすのがオススメです。

オールド・ペルセウス

オールド・ペルセウスは、スキル「羅刹」の効果でDA確率が減少しますが、そのかわりに攻刃が2種類あるので、攻刃値が5凸ユグ剣(20%)を上回る22%になります。

通常攻撃をする場面では編成に入りませんが、奥義しか打たないような奥義周回では編成候補に入ります。

秋ノ落葉

両面4凸マグナの確定クリティカル編成なら、4凸ゴブロ斧3本でクリティカル確率を100%にできるので枠がありません。

ですが、片面4凸マグナの場合は、4凸ゴブロ斧4本+秋ノ落葉で確定クリティカルにできるので、ゴブロ斧を5本4凸する必要がなくなります。

4凸マグナ×3凸黄龍で奥義周回をする場面では強力です。

秋ノ落葉の性能(4凸/スキルLv15)

攻撃力/HP 2163/246
奥義 【紅葉散華】
土属性ダメージ(特大)
3ターンの間、味方全体にガード効果
(被ダメージ30%軽減/発動率約80%)
スキル1 【創樹方陣・攻刃】
土属性キャラの攻撃力上昇(中)
スキル2 【創樹方陣・克己】
土属性キャラのダブルアタック確率上昇(中)
弱点を突いた時クリティカル確率上昇(中)

④方陣・渾身枠(3~4)

候補武器

ゴブロ斧

両面4凸ユグマグにしてゴブロ斧を3本入れることで、クリティカル発動率が100%になり、渾身と合わさって非常に強力になります。

そのため、土マグナ編成では、ゴブロ斧を3本入れるのが定番になっています。

ただし、クリュサオルで奥義周回をするときに片面ユグマグになる場合は、3本では確定クリティカルにならないので、その場合は4凸ゴブロ斧4本+秋ノ落葉になります。

技巧の仕様について

技巧武器を編成に複数本入れた場合、クリティカル発動率が加算されます。

そのため、技巧武器の本数を増やすほどクリティカルの発動が安定します。

例:ゴブロ斧が1本の場合(両面ユグマグ)

クリティカル発動率:34%

例:ゴブロ斧が3本の場合(両面ユグマグ)

クリティカル発動率:100%

⑤EX枠(0~1)

候補武器
  • ゼノウォフ剣
  • ゼノウォフ琴

編成に入れる場合は、攻撃力が高いゼノウォフ剣の方がオススメです。

ただし、ユグ剣を5凸している場合は、5凸ユグ剣を入れた方が火力が高くなります。

また、虚空武器もEX枠に含まれるので、虚空武器を入れる場合はゼノ武器は外れやすくなります。

⑥天司武器(1)

天司武器(グローブ・オブ・ウリエル/揺るがぬ大地の拳)は、強化するとスキル「祝福」の効果で水属性の敵に対して、SSR3凸時は与ダメージが1.2倍。

4凸時は、1.23倍になり非常に強力になります。

そのため、水属性の敵を相手にする場合は必ず編成に1本入ります。

⑦オメガ武器(0~1)

候補武器種

メインにオメガ武器以外を装備するなら、サブ枠にオメガ武器を装備して連撃を補うのがオススメです。

スキル「闘争」を追加することで、得意武器が一致するジョブ・キャラのDA/TA率が20%UPするので、特に連撃手段を確保し辛い土マグナ編成では重宝します。

また、第二スキルでダメージ上限を伸ばせるので、さらにダメージを出せるようになります。

オメガ武器の第二スキルは、得意武器種が一致しないキャラにも効果があります。
また、オメガ武器と終末武器の第二スキルの上限UPの効果は”同枠”で重複しません。
そのため、両方編成に入れる場合は、スキルは別々にすることをオススメします。(例:オメガ奥義上限UP/終末通常上限UP)

得意武器が剣の主要土属性キャラ

  • サラーサ
  • ジークフリート
  • レ・フィーエ
  • アレーティア
  • ブローディア
  • ヴィーラ(水着)

得意武器が刀の主要土属性キャラ

  • オクトー
  • ジークフリート
  • アレーティア
  • ブローディア
  • カイン

⑧終末武器(1)

終末武器(永遠拒絶の竪琴)を4凸することで、オメガ武器と同枠の上限UPスキルを付与できるようになります。

そのため、合わせて編成に入れることで、火力をさらに伸ばすことが可能です。

5凸は難易度が高いですが、ユグマグの加護が乗る3つ目のスキルを付与できるようになり、編成の火力をさらに伸ばせるようになります。

スキルについては、第二スキルはオメガ武器との上限UP。

第三スキルは、ダメージをさらに伸ばせる渾身がオススメです。

オメガ武器と終末武器の第二スキルの上限UPの効果は”同枠”で重複しません。
そのため、両方編成に入れる場合は、スキルは別々にすることをオススメします。(例:オメガ奥義上限UP/終末通常上限UP)

⑨虚空剣(0~1)


虚空剣の性能(4凸)
攻撃力/HP3140/260
奥義闇属性ダメージ(特大)
弱体耐性DOWN(累積10%/上限30%)/
攻防DOWN(累積10%/上限30%)
スキル1得意武器が剣・短剣のキャラの攻撃力UP(EX攻刃20%)/
弱体成功率10%UP
スキル2得意武器が剣・短剣のキャラが敵の弱体効果の数に応じて与ダメージ上昇
(1つにつき3000/上限3万)

虚空剣を編成に入れることで、得意武器が剣・短剣のジョブ・キャラの弱体成功率が10%UPします。

特にベルセルクのようなデバフ命中率が低いジョブや、キャラのデバフを安定して入れるのに有効です。

また、六道武器(EX攻刃23%)には劣りますが、得意武器が剣・短剣のキャラにはEX攻刃20%が加算されるので、火力枠の武器としても優秀です。

さらにデバフが多く入ってるときは、第二スキルの効果で与ダメージを伸ばせるのも大きいです。

⑩虚空槍(0~1)


虚空槍の性能(4凸)
攻撃力/HP2870/320
奥義火属性ダメージ(特大)
4ターンの間、味方全体に活性効果/吸収効果
※活性効果:毎ターン最大HPの10%回復(最大500)/HP最大時は奥義ゲージ10%UP
※吸収効果:与ダメージの10%吸収(最大500)
スキル1得意武器が槍・刀のキャラの攻撃力UP(EX攻刃20%)/
最大HP10%UP
スキル2得意武器が槍・刀のキャラのHPが80%以上の時に与ダメージ上昇(最大3万)

刀パを組むなら、虚空槍も編成候補になります。

第二スキルの効果で、HPが80%以上の時に得意武器が槍・刀のキャラの与ダメージがアップするので、火力をさらに伸ばせます。

また、得意武器が槍・刀のキャラにはEX攻刃20%が加算されるので、渾身武器と違ってHPが減ってもある程度の火力は保てます。

マグナ編成の関連記事