【グラブル】フェンリル討滅戦の進め方と武器・召喚石の評価まとめ

このページでは、「フェンリル討滅戦」の進め方と、イベント限定武器・召喚石の評価について書きます。

これからフェンリル討滅戦に挑戦する際の参考になればと思います。

スポンサーリンク

イベント開催期間等

  • 開催期間:2018年2月9日(金)17:00~2月14日(水)18:59
  • 敵の属性:水属性(土属性有利)

 

フィンブルの在庫が1個追加

今回のフェンリル討滅戦で、フィンブルの在庫がさらに1個追加されました。

これにより、フィンブルは交換のみで7個入手できるようになりました。

 

フェンリル討滅戦の進め方

  1. エクストラクエストに行く
  2. 難易度HELLに挑戦する
  3. トレジャー交換をする

 

1.エクストラクエストに行く

まずは、エクストラクエストに挑戦しましょう。

難易度MANIACは1日2回までなので、基本的には難易度EXTREMEなどに行くことになります。

 

2.難易度HELLに挑戦する

エクストラクエストに行っていると、一定確率で難易度HELLが出現します。

難易度HELLからは、SSR武器「フィンブル」の交換に必要になる「クレセントシャックル」がドロップします。

フィンブルを集める場合は、難易度HELLの周回が必須になるので、必要なら周回しましょう。

ちなみに、武器自体(フィンブル)も難易度HELLでしかドロップしません。

難易度HELLの出現について

難易度HELLは、難易度MANIACをクリアすると必ず出現。

難易度EXTREMEをクリアすると一定確率で出現(4回クリアで必ず出現)します。

クレセントシャックルのドロップ数は挑戦するLvで変わる

クレセントシャックルのドロップ数は、挑戦するHELLのLvが高いほど増えます。

クレセントシャックルが足りない場合は、なるべく高い難易度に挑戦。

足りている(武器のドロップ狙い)場合は、倒しやすいLv60を周回するといいでしょう。

 

3.トレジャー交換をする

トレジャーを集めたら、武器・召喚石・アイテムを交換します。

目当てのものを交換し終えたら、イベントを終えるといいでしょう。

ただし、フィンブルなど、同じ武器を2セット以上集める場合は、トレジャー交換分だけでは足りません。

その場合は、ドロップ狙いで周回する必要があります。


スポンサーリンク


フェンリル討滅戦の武器・召喚石の評価

フェンリル

最大上限解放時の加護

水属性キャラ攻撃25%/奥義ゲージ上昇量20%UP

最終上限解放時の加護

水属性キャラ攻撃40%/奥義ゲージ上昇量20%UP

フェンリルの交換に必要なトレジャー数

【1個目】

  • フェンリルのアニマ×30
  • ホーリーナイトベル×50
  • フェンリルのマグナアニマ×15

 

【2個目】

  • フェンリルのアニマ×60
  • ホーリーナイトベル×120
  • フェンリルのマグナアニマ×50

 

【3個目】

  • フェンリルのアニマ×90
  • ホーリーナイトベル×150
  • フェンリルのマグナアニマ×75

 

【4個目】

  • フェンリルのアニマ×120
  • ホーリーナイトベル×180
  • フェンリルのマグナアニマ×100

 

【合計】

  • フェンリルのアニマ×300
  • ホーリーナイトベル×500
  • フェンリルのマグナアニマ×240

フェンリルの最終上限解放に必要なトレジャー

  • 水晶のエレメント×60
  • 青竜鱗×10
  • 海神の扇尾×3
  • 真なる水のアニマ×1
  • ホワイトフレーク×300
  • フェンリルのアニマ×180
  • ホーリーナイトベル×270
  • フェンリルのマグナアニマ×140
  • 2万ルピ

 

評価

召喚効果は、討滅戦で入手できるコキュートスと同じ「味方全体の攻撃力15%UP(4ターン)」

メイン召喚石としては加護の効果量が低く、最終上限解放前提でも序盤の繋ぎに使える程度です。

ただし、カツウォヌス用のサブ召喚石としては、ステータスが優秀なので使えます。

カツウォヌスを使う場合は、可能なら最終上限解放分を集めておくといいでしょう。

カツウォヌスの加護

 

グレイプニル

グレイプニルの交換に必要なトレジャー数

【1個目】

  • フェンリルのアニマ×15
  • ホーリーナイトベル×20
  • フェンリルのマグナアニマ×5

 

【2個目】

  • フェンリルのアニマ×30
  • ホーリーナイトベル×50
  • フェンリルのマグナアニマ×20

 

【3個目】

  • フェンリルのアニマ×50
  • ホーリーナイトベル×80
  • フェンリルのマグナアニマ×40

 

【4個目】

  • フェンリルのアニマ×75
  • ホーリーナイトベル×100
  • フェンリルのマグナアニマ×60

 

【合計】

  • フェンリルのアニマ×170
  • ホーリーナイトベル×250
  • フェンリルのマグナアニマ×125

グレイプニルの最終上限解放に必要なトレジャー

  • 斧のエレメント×60
  • 霧氷の宝珠×75
  • アクア・ジーン×60
  • 真なる水のアニマ×1
  • ホワイトフレーク×220
  • フェンリルのアニマ×150
  • ホーリーナイトベル×200
  • フェンリルのマグナアニマ×120
  • 1万ルピ

 

評価

使うなら最終上限解放が前提の武器です。

この武器の評価・必要本数は、ヴァルナ編成かマグナ編成かで変わります。

 

ヴァルナ編成の場合

グレイプニル以外にも「玄武甲槌・王」「ミュルグレス」などの優秀な二手・三手武器があるため、優先度はさほど高くありません。(理想編成には入らない)

ただし、無課金ヴァルナ編成ならグレイプニルが入る場合があるので、必要なら集めておきましょう。

ヴァルナ編成なら何本必要?

スキル「二手・三手」による連続攻撃確率の上昇には上限があります。(後述)

グレイプニルは、以下の2つを全て足して、この上限を大きく超えないなら入る枠があります。(編成次第)

  • グレイプニルの連続攻撃確率
  • 編成に入れている他の二手・三手武器の連続攻撃確率

連続攻撃スキル(二手・三手)の上限について

スキル「二手・三手」による連続攻撃確率は、スキル枠(通常・方陣)が同じ場合、召喚石の加護も含めて50%までしか上昇しません。

そのため、スキルに「二手・三手」が付いた武器を編成に入れる場合は、この50%を大きく超えないようにするのが基本です。

主な水属性二手・三手武器の連続攻撃確率(スキルLv最大時)

【召喚石加護なし】

武器連続攻撃確率
グレイプニルDA率:約7%UP
玄武甲槌・王DA率:約3%UP
オベロンDA率:約3%UP
スラーンドDA率:約5%UP
ミュルグレスDA・TA率:約3.5%UP

【ヴァルナ(片面)】

武器連続攻撃確率
グレイプニルDA率:約15%UP
玄武甲槌・王DA率:約7%UP
オベロンDA率:約7%UP
スラーンドDA率:約11%UP
ミュルグレスDA・TA率:約8%UP

【ヴァルナ×ヴァルナ】

武器連続攻撃確率
グレイプニルDA率:約24%UP
玄武甲槌・王DA率:約11%UP
オベロンDA率:約12%UP
スラーンドDA率:約17%UP
ミュルグレスDA・TA率:約12%UP
例:ヴァルナ×ヴァルナでグレイプニルを3本入れた場合
  • ×DA率72%UP
  • ◯DA率50%UP

三手(ミュルグレス)はトリプルアタック確率だけでなく、ダブルアタック確率も上がります。(上昇値はどちらも同じ)

また、二手・三手は同じ上限枠に引っかかります。

オメガ(無垢)武器を入れる場合

PTの得意武器種をある程度揃えられる場合は、オメガ(無垢)武器も編成候補に入ります。

オメガ(無垢)武器【闘争】の場合は、グレイプニルと違いTA率も20%UPするので、バトル中の火力が伸びやすくなります。

また、オメガ(無垢)武器の【闘争】(DA/TA20%UP)とグレイプニルの二手は、同じ上限枠に引っかかるので、オメガ(無垢)武器を入れる場合は、グレイプニルの本数も減ってきます。(入れなくても良い)

 

マグナ編成の場合

スキル「霧氷の二手」と「水の攻刃」に召喚石の加護が乗らないため、編成に入れても火力・ダブルアタック確率ともにさほど上昇しません。

そのため、マグナ編成なら基本的には不要です。

 

フィンブル

フィンブルの交換に必要なトレジャー数

【1個目】

  • フェンリルのアニマ×15
  • ホーリーナイトベル×20
  • フェンリルのマグナアニマ×5
  • クレセントシャックル×5

 

【2個目】

  • フェンリルのアニマ×30
  • ホーリーナイトベル×50
  • フェンリルのマグナアニマ×20
  • クレセントシャックル×10

 

【3個目】

  • フェンリルのアニマ×50
  • ホーリーナイトベル×80
  • フェンリルのマグナアニマ×40
  • クレセントシャックル×20

 

【4個目】

  • フェンリルのアニマ×100
  • ホーリーナイトベル×160
  • フェンリルのマグナアニマ×80
  • クレセントシャックル×40

 

【5個目】

  • フェンリルのアニマ×175
  • ホーリーナイトベル×280
  • フェンリルのマグナアニマ×140
  • クレセントシャックル×70

 

【6個目】

  • フェンリルのアニマ×175
  • ホーリーナイトベル×280
  • フェンリルのマグナアニマ×140
  • クレセントシャックル×70

 

【7個目】

  • フェンリルのアニマ×175
  • ホーリーナイトベル×280
  • フェンリルのマグナアニマ×140
  • クレセントシャックル×70

 

【合計】

  • フェンリルのアニマ×720
  • ホーリーナイトベル×1150
  • フェンリルのマグナアニマ×565
  • クレセントシャックル×285

フィンブルの最終上限解放に必要なトレジャー

  • 弓のエレメント×60
  • アクアジーン×60
  • 真なる水のアニマ×1
  • ホワイトフレーク×220
  • フェンリルのアニマ×150
  • ホーリーナイトベル×200
  • フェンリルのマグナアニマ×120
  • クレセントシャックル×30
  • 1万ルピ

 

評価

フェンリル討滅戦の目玉武器。

使うなら最終上限解放が前提の武器です。

こちらもグレイプニルと同じで、評価はヴァルナ編成かマグナ編成かで変わります。

 

ヴァルナ編成の場合

各種攻刃とは、ダメージ計算時に別枠になる「霧氷の渾身(HP最大時15%)」にヴァルナの加護が乗るので、HPが高い状態では非常に強力です。

また「水の守護」にも加護が乗るので、HPも非常に高くなります。

ヴァルナ編成の必須武器です。

ヴァルナ編成だと何本必要?

HPが高い状態をキープできるなら、霧氷の渾身を活かせるので、フィンブルは3本あった方がいいです。

ただし、フィンブルはトレジャーでは7個までしか交換できず、武器自体のドロップ率も低いため、3セット集めるにはかなりの労力が必要になります。

また、HPが減るごとに霧氷の渾身の効果量が低くなるので、フィンブルの本数が多いと敵によっては火力ダウンに繋がる場合があります。

そのため、まずは無難に4凸2セットを目指す。

その後、余裕があれば3セット目に取り掛かるといいでしょう。

霧氷の渾身のHPごとの効果量

HP効果量
100%15%
95%約13%
90%約12%
85%約10%
80%約9%
75%約8%
70%約7%
60%約5%
50%約4%

 

マグナ編成の場合

マグナ編成の場合、フィンブルのスキルに召喚石の加護が乗りません。

また、HPが減ると火力が大幅にダウンします。

そのため、マグナ編成なら基本的には不要です。

 

レージング

スキルが二手しかないので、基本的には不要です。

入手したらスキル上げ用の餌にするといいでしょう。

 

スキールニル

こちらもスキルが二手しかないので、基本的には不要です。

入手したらスキル上げ用の餌にするといいでしょう。

 

関連記事

【グラブル】ケルベロス討滅戦の進め方と武器・召喚石の評価まとめ


スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます



無課金でもSSRキャラを増やせる2つの方法

グラブルを無課金でプレイしていると、中々強力なSSRキャラを入手できませんよね。以下のページでは、無課金でもSSRキャラを増やせる”2つの方法”を紹介しています。無課金でもSSRキャラを増やしたい場合は、チェックしてみてください。

>>無課金でもSSRキャラを増やせる2つの方法をチェックする


 

コメントは受け付けていません。