【グラブル】ケルベロス討滅戦の進め方と武器・召喚石の評価まとめ

このページでは、「ケルベロス討滅戦」の進め方と、イベント限定武器・召喚石の評価について書きます。

これからケルベロス討滅戦に挑戦する際の参考になればと思います。

スポンサーリンク

イベント開催期間等

  • 開催期間:2018年2月9日(金)17:00~2月14日(水)18:59
  • 敵の属性:闇属性(光属性有利)

 

ケルベロス・オーダーの在庫が1個追加

今回のケルベロス討滅戦で、ケルベロス・オーダー(ケル銃)の在庫がさらに1個追加されました。

これにより、ケル銃は交換のみで7個入手できるようになりました。

 

ケルベロス討滅戦の進め方

  1. エクストラクエストに行く
  2. 難易度HELLに挑戦する
  3. トレジャー交換をする

 

1.エクストラクエストに行く

まずは、エクストラクエストに挑戦しましょう。

難易度MANIACは1日2回までなので、基本的には難易度EXTREMEなどに行くことになります。

 

2.難易度HELLに挑戦する

エクストラクエストに行っていると、一定確率で難易度HELLが出現します。

難易度HELLからは、ケルベロス・オーダー(ケル銃)の交換に必要になる「マジックヘイロー」がドロップします。

ケル銃を集める場合は、難易度HELLの周回が必須になるので、必要なら周回しましょう。

ちなみに、武器自体(ケル銃)も難易度HELLでしかドロップしません。

難易度HELLの出現について

難易度HELLは、難易度MANIACをクリアすると必ず出現。

難易度EXTREMEをクリアすると一定確率で出現(4回クリアで必ず出現)します。

マジックヘイローのドロップ数は挑戦するLvで変わる

マジックヘイローのドロップ数は、挑戦するHELLのLvが高いほど増えます。

マジックヘイローが足りない場合は、なるべく高い難易度に挑戦。

足りている(武器のドロップ狙い)場合は、倒しやすいLv60を周回するといいでしょう。

 

3.トレジャー交換をする

トレジャーを集めたら、武器・召喚石・アイテムを交換します。

目当てのものを交換し終えたら、イベントを終えるといいでしょう。

ただし、ケル銃など、同じ武器を2セット以上集める場合は、トレジャー交換分だけでは足りません。

その場合は、ドロップ狙いで周回する必要があります。


スポンサーリンク


ケルベロス討滅戦の武器・召喚石の評価

ケルベロス

最大上限解放時の加護

闇と火属性攻撃力が40%UP

最終上限解放時の加護

闇と火属性攻撃力が40%UP
闇と火属性キャラのトリプルアタック確率UP

ケルベロスの交換に必要なトレジャー数

【1個目】

  • ケルベロスのアニマ×30
  • ケルベロッテリボン×50
  • ケルベロスのマグナアニマ×15

 

【2個目】

  • ケルベロスのアニマ×60
  • ケルベロッテリボン×120
  • ケルベロスのマグナアニマ×50

 

【3個目】

  • ケルベロスのアニマ×90
  • ケルベロッテリボン×150
  • ケルベロスのマグナアニマ×75

 

【4個目】

  • ケルベロスのアニマ×120
  • ケルベロッテリボン×180
  • ケルベロスのマグナアニマ×100

 

【合計】

  • ケルベロスのアニマ×300
  • ケルベロッテリボン×500
  • ケルベロスのマグナアニマ×240

ケルベロスの最終上限解放に必要なトレジャー

  • 闇晶のエレメント×60
  • 黒竜鱗×10
  • 黒霧の結晶×3
  • 真なる闇のアニマ×1
  • カローンクッキー×300
  • ケルベロスのアニマ×180
  • ケルベロッテリボン×270
  • ケルベロスのマグナアニマ×140
  • 2万ルピ

 

評価

最終上限解放後でも、加護の効果量が低いので、メイン召喚石としては序盤ぐらいしか使えません。

それに、召喚効果も「味方全体のトリプルアタック確率UP(小)」と、さほど強力ではありません。

非ガチャ産召喚石の中ではステータスが高めなので、ステータスの補強には使えますが、トレジャー交換をしてまで集めるほどではありません。

 

ヘルウォードダガー

ヘルウォードダガーの交換に必要なトレジャー数

【1個目】

  • ケルベロスのアニマ×15
  • ケルベロッテリボン×20
  • ケルベロスのマグナアニマ×5

 

【2個目】

  • ケルベロスのアニマ×30
  • ケルベロッテリボン×50
  • ケルベロスのマグナアニマ×20

 

【3個目】

  • ケルベロスのアニマ×50
  • ケルベロッテリボン×80
  • ケルベロスのマグナアニマ×40

 

【4個目】

  • ケルベロスのアニマ×75
  • ケルベロッテリボン×100
  • ケルベロスのマグナアニマ×60

 

【合計】

  • ケルベロスのアニマ×170
  • ケルベロッテリボン×250
  • ケルベロスのマグナアニマ×125

ヘルウォードダガーの最終上限解放に必要なトレジャー

  • 短剣のエレメント×60
  • 奈落の宝珠×75
  • ダーク・ジーン×60
  • 真なる闇のアニマ×1
  • カローンクッキー×220
  • ケルベロスのアニマ×150
  • ケルベロッテリボン×200
  • ケルベロスのマグナアニマ×120
  • 1万ルピ

 

評価

初心者にとっては貴重な闇属性攻刃短剣。

序盤~中盤で、闇属性の短剣を1本も持ってなければ集めておきましょう。

また、闇属性攻刃武器が不足しているなら、繋ぎとしてサブ枠用に使えます。

最終上限解放は無理にしなくてOK

ヘルウォードダガーは、マグナ編成・ハデス編成どちらにおいても繋ぎという位置付けになります。

最終的には編成から抜けるので、余裕がなければ無理に最終上限解放をする必要はありません。

ハデス編成ならケル銃があれば不要に

ハデス編成でケル銃(4凸)が2本以上ある場合、召喚石「ハデス」の加護込みで、スキルによる連続攻撃確率が上限近くになります。(連続攻撃スキルの上限については後述)

この場合は、ヘルウォードダガー(4凸)の「闇の二手」の効果をほぼ受けられなくなるので、ヘルウォードダガーを編成に入れるメリットが薄くなります。

基本的には、ケル銃の収集・上限解放に時間を使うといいでしょう。

 

ケルベロス・オーダー

ケルベロス・オーダーの交換に必要なトレジャー数

【1個目】

  • ケルベロスのアニマ×15
  • ケルベロッテリボン×20
  • ケルベロスのマグナアニマ×5
  • マジックヘイロー×5

 

【2個目】

  • ケルベロスのアニマ×30
  • ケルベロッテリボン×50
  • ケルベロスのマグナアニマ×20
  • マジックヘイロー×10

 

【3個目】

  • ケルベロスのアニマ×50
  • ケルベロッテリボン×80
  • ケルベロスのマグナアニマ×40
  • マジックヘイロー×20

 

【4個目】

  • ケルベロスのアニマ×100
  • ケルベロッテリボン×160
  • ケルベロスのマグナアニマ×80
  • マジックヘイロー×40

 

【5個目】

  • ケルベロスのアニマ×175
  • ケルベロッテリボン×280
  • ケルベロスのマグナアニマ×140
  • マジックヘイロー×70

 

【6個目】

  • ケルベロスのアニマ×175
  • ケルベロッテリボン×280
  • ケルベロスのマグナアニマ×140
  • マジックヘイロー×70

 

【7個目】

  • ケルベロスのアニマ×175
  • ケルベロッテリボン×280
  • ケルベロスのマグナアニマ×140
  • マジックヘイロー×70

 

【合計】

  • ケルベロスのアニマ×720
  • ケルベロッテリボン×1150
  • ケルベロスのマグナアニマ×565
  • マジックヘイロー×285

ケルベロス・オーダーの最終上限解放に必要なトレジャー

  • 銃のエレメント×60
  • ダーク・ジーン×60
  • 真なる闇のアニマ×1
  • カローンクッキー×220
  • ケルベロスのアニマ×150
  • ケルベロッテリボン×200
  • ケルベロスのマグナアニマ×120
  • マジックヘイロー×30
  • 1万ルピ

 

評価

ケルベロス討滅戦の目玉武器。

使うなら、最終上限解放(4凸)が前提になります。

この武器の評価は、ハデス編成かマグナ編成かで分かれるので、別々に解説していきます。

 

ハデス編成の場合

スキル「奈落の三手」にハデスの加護が乗ることで、連続攻撃確率が非常に高くなります。

また、非攻刃武器ですが、HPが減っていれば、スキル「闇の背水」で火力を伸ばすことができます。

ハデス編成なら何本必要?

ハデス編成にケル銃を入れる場合は、後で解説する連続攻撃スキル(二手・三手)の上限を考慮する必要があります。

今の環境なら、最大でも2本に留めておくのが無難です。

以前までと違い、連続攻撃確率はオメガ(無垢)武器でも伸ばせるようになりました。

また、近日パラゾニウムに4凸が実装され、4凸後はスキルに「闇の三手」が追加されるので、パラゾニウム4凸でも連続攻撃確率を伸ばせるようになります。

そのため、本数が減りやすくなりました。

連続攻撃スキル(二手・三手)の上限について

スキル「二手・三手」による連続攻撃確率は、スキル枠(通常・方陣)が同じ場合、召喚石の加護も含めて50%までしか上昇しません。

そのため、スキルに「二手・三手」が付いた武器を編成に入れる場合は、この50%を大きく超えないようにするのが基本です。

主な闇属性三手武器の連続攻撃確率

武器名DA・TA率
コルタナ召喚石加護なし:4,6%UP
ハデス(片面):約10%UP
ハデス×ハデス:約15%UP
ケル銃召喚石加護なし:約7%UP
ハデス(片面):約15%UP
ハデス×ハデス:約24%UP
パラゾニウム召喚石加護なし:3,2%UP
ハデス(片面):約7%UP
ハデス×ハデス:約11%UP
オメガ(無垢)【闘争】20%UP
例:ハデス×ハデスでケル銃を3本入れた場合
  • ×DA・TA率:72%UP
  • ◯DA・TA率:50%UP

三手はトリプルアタック確率だけでなく、ダブルアタック確率も上がります。(上昇値はどちらも同じ)

オメガ(無垢)武器の【闘争】と、ケル銃などの通常枠の三手は同じ上限枠に引っかかります。

 

マグナ編成の場合

以前までは、オールド・コルタナ(オルタナ)のHP減少が気になる場合の編成候補だったのですが、オメガ(無垢)武器が実装され、ケル銃なしでもHPを減らさずに連続攻撃確率を上げられるようになりました。

さらに連続攻撃確率の上昇量も、ケル銃の約3倍あるため、闇マグナ編成にケル銃を入れる必要はなくなりました。

また、背水(小)でも火力を伸ばせますが、この武器を入れるぐらいなら、セレ拳を増やした方が火力が伸びます。

闇マグナ編成を使っている場合は、基本的にケル銃は不要です。

関連記事

【グラブル】闇マグナの理想編成・武器ごとの必要本数まとめ

 

ヘルウォードセプター

攻刃付きの武器ですが、攻撃力が低いので序盤の繋ぎにしか使えません。

トレジャー交換してまで集める必要はありません。

 

ヘルウォードボウ

こちらも攻刃付きの武器なので、闇属性攻刃武器が不足しているなら繋ぎに使えます。

ですが、SSR武器の方が優先度が高いので、トレジャー交換してまで集める必要はありません。

 

関連記事

【グラブル】フェンリル討滅戦の進め方と武器・召喚石の評価まとめ


スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます



無課金でもSSRキャラを増やせる2つの方法

グラブルを無課金でプレイしていると、中々強力なSSRキャラを入手できませんよね。以下のページでは、無課金でもSSRキャラを増やせる”2つの方法”を紹介しています。無課金でもSSRキャラを増やしたい場合は、チェックしてみてください。

>>無課金でもSSRキャラを増やせる2つの方法をチェックする


 

コメントは受け付けていません。