【グラブル】黄龍・黒麒麟武器の交換手順と各武器の評価まとめ

このページでは、黄龍と黒麒麟の武器を交換するまでの流れと、武器の評価について書きます。

武器を集める時の参考にどうぞ。

スポンサーリンク

黄龍・黒麒麟武器を交換するまでの流れ

1.印符4種を交換する

まずは、イベント「四象降臨」で四象の輝きを集めて朱雀印符、玄武印符、白虎印符、青竜印符を1枚ずつ交換します。

 

2.ショップで四象金印を交換する

ショップで「四象金印」を交換します。

交換ページには、ショップの「トレジャー交換」⇒「トレジャー」⇒「四象降臨」で行けます。

 

3.黄龍・黒麒麟に挑戦する

四象金印を消費して黄龍or黒麒麟に挑戦し、武器の交換に必要なアイテムを入手します。

黄龍の武器が欲しい場合は黄龍。

黒麒麟の武器が欲しい場合は黒麒麟に挑戦しましょう。

自発する場合は、メインクエストを69章まで進めておく必要があります。(メインクエスト69章と同じ場所で自発)

黄金の札と黒曜石の札について

黄龍でドロップする「黄金の札」と、黒麒麟でドロップする「黒曜石の札」を5個集めることで、武器の交換に必要になる「黄金の札束」と「黒曜石の札束」を交換できます。

武器を1つ交換するのに、札束は5個必要です。

そのため、札だけで考えると、1武器あたり札が25個必要になります。

札は1戦につき1~2個ほどドロップするので、25個集めるのに大体15戦前後かかります。(2個ドロップすることが多い)

札束は赤箱からドロップ

「黄金の札束」と「黒曜石の札束」は、赤箱からドロップします。

そのため、自発などで札束を入手できた場合は、挑戦する回数を減らせます。

基本的に連戦推奨

武器を交換するには相当な回数、黄龍と黒麒麟に行く必要があります。

そのため「四象金印」を集めて自発するだけでは、どうしても武器の交換に時間がかかります。

武器を集めるまでの時間を短縮したい場合は、マルチロビーの連戦部屋などで札を集めるといいでしょう。

 

4.黄金の札束・黒曜石の札束を交換する

「黄金の札」or「黒曜石の札」が集まったら、ショップで札束と交換します。

交換ページには、ショップの「トレジャー交換」⇒「トレジャー」⇒「四象降臨」で行けます。

 

5.武器を交換する

「黄金の札束」or「黒曜石の札束」が5個集まったら、武器と交換できます。

交換ページには、ショップの「トレジャー交換」⇒「アイテム・装備」⇒「四象武器」で行けます。

武器は最初から3凸済み

黄龍・黒麒麟の武器は、交換した時点で3凸されてます。

そのため、1回交換するだけでOKです。

 

黄龍・黒麒麟武器の最終上限解放が可能に!

2018年1月の四象降臨から黄龍・黒麒麟武器の最終上限解放(4凸)が可能になりました。

 

黄龍武器の最終上限解放素材(3種共通)

  • 黄金の札束×5
  • ミカエルのアニマ×5
  • ラファエルのアニマ×5
  • 白星の輝き×10
  • 光のプシュケー×3
  • 覇者の証×3
  • 碧空の結晶×5

 

黒麒麟武器の最終上限解放素材(3種共通)

  • 黒曜石の札束×5
  • ガブリエルのアニマ×5
  • ウリエルのアニマ×5
  • 黒星の輝き×10
  • 闇のプシュケー×3
  • 覇者の証×3
  • 碧空の結晶×5
スポンサーリンク

黄龍・黒麒麟武器の評価

黄龍槍

スキル効果 光属性キャラが弱体効果「奥義封印」無効
奥義ダメージ20%UP
奥義ダメージ上限20%UP
◆メイン装備時
奥義効果 参戦者の奥義ゲージ上昇量10%UP

最終上限解放後Lv120で攻刃(大)から攻刃Ⅱに強化。

スパルタ・セージなどのジョブのメイン武器として使えます。

メイン装備時は、奥義ダメージと奥義ダメージ上限が20%UPするので、AT中の周回にも便利です。

また、光編成が整ってない内は、攻刃値が高いのでサブ枠にも入れられます。

 

黄龍拳

EX枠の攻刃武器です。

光属性のEX攻刃武器を持ってない場合はもちろん、レスラーのメイン武器としても使えます。

また、第二スキルの効果で闇属性ダメージ軽減が付くので、防御面でも重宝します。

ただし、ゼノコロゥ剣を持っている場合は、火力面では劣るので使う機会が減ります。

震天の黄鱗(スキルLv10) 闇属性ダメージ10%軽減
震天の黄鱗(スキルLv15) 闇属性ダメージ15%軽減

EX攻刃とは?

レジェンドガチャや討滅戦などで入手できる通常攻刃武器や、島ハードやマグナボスから入手できる方陣・攻刃武器とはダメージ計算時に別枠になる攻刃スキルのことです。

グラブルのダメージ計算式は、以下のようになっており、スキルが別枠であれば乗算(かけ算)になり、ダメージが伸びやすくなります。

ダメージ計算式(一部)
  • ×{1+通常攻刃スキル×(1+神石加護)+バハ武器攻撃UPスキル+キャラ石加護+キャラ攻撃力UPバフ}
  • ×{1+通常背水スキル×(1+神石加護)+キャラサポアビ背水}
  • ×{1+通常渾身スキル×(1+神石加護)+オメガ武器強壮+通常渾身バフ}
  • ×{1+方陣・攻刃スキル×(1+マグナ加護)}
  • ×{1+方陣・背水スキル×(1+マグナ加護)}
  • ×{1+方陣・渾身スキル×(1+マグナ加護)}
  • ×{1+EX攻刃スキル
  • ×(弱点補正+属性攻撃力UP加護+属性攻撃力UPバフ)

 

黄龍刀

第二スキルの効果を最大まで乗せられれば、光属性攻撃力が50%UPするので非常に強力になります。

ただし、性能を活かすために回復アビリティを何回か使う必要があるので、実際の戦闘ではアビポチが増えて使いにくいというデメリットがあります。

交換する場合は、PT編成や運用方法を考えてからにするといいでしょう。

震天の祈りについて

震天の祈りの効果

回復アビリティを使用時に味方全体の光属性攻撃力UP(累積10%/最大5回/7ターン)

スキル「震天の祈り」の効果で、回復アビリティを使うごとに味方全体の光属性攻撃力が10%UPします。(最大50%UP)

ただし、震天の祈りによる光属性攻撃力UPの効果時間は7ターンです。

光属性攻撃力UPを維持する場合は、最低でも6ターンに一度回復アビリティを使用する必要があります。

HP回復アビリティだけでなく、クリアオールやジュリエットの2アビ、3アビでも黄龍刀のバフを維持できます。

回復アビリティ持ちの光SSRキャラ

キャラ名アビリティ使用間隔
レ・フィーエリジェネレーション10ターン
レ・フィーエ(水着)キュアライト+4ターン
シャルロッテ(ハロウィン)ミスティックブーン7ターン
ソフィアハイルミッテル+6ターン
クリア+5ターン
メタノイア12ターン(蘇生失敗時:2ターン)
フュンフサンシャイン+(++)6ターン(5ターン)
ブレッシングオブライト+(++)7ターン(6ターン)
リーインカーネイション16ターン
五神の慈しみ使用可能:10ターン後 ◆再使用不可
イオ(リミテッド)ヒールIII+7ターン
ジュリエットヴァンジェーロ+5ターン
シエロ・デラ・グラツィア10ターン
スポンサーリンク

麒麟弦

スキル効果 闇属性キャラが弱体効果「アビリティ封印」無効
弱体成功率20%UP
アビリティダメージ上限20%UP
◆メイン装備時

エリュシオンのメイン武器として、非常に優秀な武器です。

メインに装備するだけで、闇属性キャラの弱体成功率とアビリティダメージ上限が20%UPするという破格の性能を持っています。

特にシャオで麻痺を入れるときなどに役立ちます。

また、攻刃値が高いので、闇編成が整ってない内はサブ枠に入れることもできます。

 

麒麟剣

EX枠の攻刃武器です。

闇属性のEX攻刃武器を持ってない場合は、恒常的に入手できる闇属性EX攻刃武器は麒麟剣のみなので交換する価値はあります。

また、第二スキルの効果で光属性ダメージ軽減が付くので、防御面でも重宝します。

ただし、ゼノディア刀を持っている場合は、火力面では劣るので使う機会が減ります。

靂天の黒鱗(スキルLv10) 光属性ダメージ10%軽減
靂天の黒鱗(スキルLv15) 光属性ダメージ15%軽減

 

麒麟弓

靂天の極致の効果

闇属性キャラのダメージ上限上昇(10%)

スキル「靂天の極致」の効果で、ダメージ上限が10%上昇します。

ハデス編成の場合は、暴君Ⅱに加護が乗り、さらにダメージが上限に達する場合は「靂天の極致」の効果で上限が上がるので、非常に強力です。

マグナ編成の場合は、暴君Ⅱに召喚石の加護は乗りませんが、水着ゾーイのコンジャクション使用後は、背水編成が整っているなら上限ダメージを出せるので、編成に組み込めます。

ハデス・マグナどちらでも、背水編成が整っているなら短期戦だと性能を十分に発揮できるので、持っておいて損はありません。

 

四象降臨の関連記事

 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます



無課金でもSSRキャラを増やせる2つの方法

グラブルを無課金でプレイしていると、中々強力なSSRキャラを入手できませんよね。以下のページでは、無課金でもSSRキャラを増やせる2つの方法を紹介しています。無課金でもSSRキャラを増やしたい場合は、チェックしてみてください。

>>無課金でもSSRキャラを増やせる2つの方法をチェックする


 

コメントは受け付けていません。