【グラブル】ケルベロス/フェンリル討滅戦の武器・召喚石の評価まとめ

今回は、ケルベロス・フェンリル討滅戦で入手できる武器・召喚石の評価について書きます。

武器・召喚石を集める時の参考になればと思います。

スポンサーリンク

目次

イベント開催期間

2017年4月16日(日)17:00~4月21日(金)20:59

 

前回からの変更点

  • 難易度HELLの出現について
  • フィンブルとケルベロス・オーダーの在庫追加

 

難易度HELLの出現について

難易度HELLの出現について以下の変更が行われました。

  • 難易度MANIACをクリアすると必ず出現
  • 難易度EXTREMEを4回クリアすると必ず出現

 

フィンブルとケルベロス・オーダーの在庫追加

SSR武器「フィンブル」と「ケルべロス・オーダー」の在庫が2個ずつ追加されました。

これにより、トレジャー交換だけで、それぞれ5個ずつ入手できるようになりました。

 

ケルベロス討滅戦の武器・召喚石の評価

ケルベロス討滅戦では、以下の武器・召喚石を入手できます。

  • ケルベロス
  • ヘルウォードダガー
  • ケルベロス・オーダー
  • ヘルウォードセプター
  • ヘルウォードボウ

 

ケルベロス

最大上限解放時の加護

闇と火属性攻撃力が40%UP

最終上限解放時の加護

闇と火属性攻撃力が40%UP
闇と火属性キャラのトリプルアタック確率UP

加護の効果量(闇・火属性攻撃力UP)が低いので、メイン召喚石としては使えません。

また、召喚効果も「味方全体のトリプルアタック確率UP(小)」と弱めです。

ステータスが高いので、ステータスの補強には使えますが、無理に集める必要はありません。

 

ケルベロスの交換に必要なトレジャー数

【1個目】

  • ケルベロスのアニマ×30
  • ケルベロッテリボン×50
  • ケルベロスのマグナアニマ×15

 

【2個目】

  • ケルベロスのアニマ×60
  • ケルベロッテリボン×120
  • ケルベロスのマグナアニマ×50

 

【3個目】

  • ケルベロスのアニマ×90
  • ケルベロッテリボン×150
  • ケルベロスのマグナアニマ×75

 

【4個目】

  • ケルベロスのアニマ×120
  • ケルベロッテリボン×180
  • ケルベロスのマグナアニマ×100

 

【合計】

  • ケルベロスのアニマ×300
  • ケルベロッテリボン×500
  • ケルベロスのマグナアニマ×240

 

ケルベロスの最終上限解放に必要なトレジャー数

  • 闇晶のエレメント×60
  • 黒竜鱗×10
  • 黒霧の結晶×3
  • 真なる闇のアニマ×1
  • カローンクッキー×300
  • ケルベロスのアニマ×180
  • ケルベロッテリボン×270
  • ケルベロスのマグナアニマ×140
  • 2万ルピ

 

ヘルウォードダガー

貴重な闇属性の攻刃(大)の武器。

さらに、武器種も使用頻度の高い短剣です。

初心者の場合、ケルベロス/フェンリル討滅戦では、この武器だけ集めておけば十分です。

以下のどちらか(もしくは両方)の条件に当てはまるなら、最大上限解放1セット分(4個)集めておくといいでしょう。

  • 闇属性の攻刃武器が不足している
  • 闇属性短剣を持ってない

 

ヘルウォードダガーの交換に必要なトレジャー数

【1個目】

  • ケルベロスのアニマ×15
  • ケルベロッテリボン×20
  • ケルベロスのマグナアニマ×5

 

【2個目】

  • ケルベロスのアニマ×30
  • ケルベロッテリボン×50
  • ケルベロスのマグナアニマ×20

 

【3個目】

  • ケルベロスのアニマ×50
  • ケルベロッテリボン×80
  • ケルベロスのマグナアニマ×40

 

【4個目】

  • ケルベロスのアニマ×75
  • ケルベロッテリボン×100
  • ケルベロスのマグナアニマ×60

 

【合計】

  • ケルベロスのアニマ×170
  • ケルベロッテリボン×250
  • ケルベロスのマグナアニマ×125

 

ヘルウォードダガーの最終上限解放に必要なトレジャー数

  • 短剣のエレメント×60
  • 奈落の宝珠×75
  • ダーク・ジーン×60
  • 真なる闇のアニマ×1
  • カローンクッキー×220
  • ケルベロスのアニマ×150
  • ケルベロッテリボン×200
  • ケルベロスのマグナアニマ×120
  • 1万ルピ

 

ケルベロス・オーダー

ケルベロス・オーダーのスキル効果(スキルLv15)

【奈落の三手】

闇属性キャラのダブル・トリプルアタック確率上昇(6.6%)

【闇の背水】

闇属性キャラのHPが少ないほど攻撃力が上昇(小)

※残りHP50%で補正効果は7%

最終上限解放後、Lv120にすることで「闇の背水」を習得。

使うなら最終上限解放が前提の武器です。

この武器の必要本数・評価は、ハデス編成かマグナ編成かで分かれます。

 

ハデス編成の場合

SSR召喚石「ハデス」の加護で「奈落の三手」と「闇の背水」の効果を上げられるので、非常に強力になります。

特に「奈落の三手」が強力で、スキルLv15なら3凸ハデスの加護込みで、ケルベロス・オーダー1本あたり、ダブル・トリプルアタック確率が約15%ほど上昇します。(3凸ハデス×2なら1本あたり約24%上昇)

 

連続攻撃スキル(二手・三手)の上限について

スキル「二手・三手」による連続攻撃確率は、召喚石の加護も含めて50%までしか上昇しません。

例えば、ケルベロス・オーダー(ケル銃)のスキルLv15(ダブル・トリプルアタック確率6,6%上昇)を2つ装備し、メイン・サポーター召喚石両方で3凸ハデスを選択した場合、ダブル・トリプルアタック確率は上限に近い約48%になります。

この場合、3本目のケル銃を入れても、ダブル・トリプルアタック確率は2%程度しか上昇しないので無駄が出てしまいます。

 

ケル銃は何本必要?

【ハデス×ハデスの場合】

上にも書いたように3凸ハデス×2の場合、3本目を入れると、連続攻撃スキルの上限(50%)に引っかかって無駄が出てしまいます。

そのため、ハデス×ハデスの場合は、ケル銃は2本でOKです。

【ハデス×バハムートの場合】

この場合、ハデスが1つなので、ケル銃1本あたりのダブル・トリプルアタック確率の上昇値は約15%になります。

3本までなら上限に達しないので、ケル銃は最大で3本まで入ります。

 

マグナ編成の場合

ケル銃のスキルに召喚石の加護が乗らないので、ハデス編成と比べると重要度は落ちます。

ですが、オールド・コルタナ(オルタナ)の本数を減らして連続攻撃確率を上げたい場合の編成候補になります。

 

オールド・コルタナについて

Dエンジェル・オリヴィエの報酬と、栄誉の輝き2500で交換できる闇属性武器です。

スキルが方陣枠かつ、攻刃と三手が付いてるので、マグナ編成で連続攻撃確率を上げる場合の編成候補になります。

ただし、スキル「黒霧方陣・暴君」の効果でHPが10%減少し、さらにマグナ編成の場合は、火力を落とさずにHPを補える武器がないので、編成に何本も入れるのは現実的ではありません。(基本的には最大で2本程度)

また、オールド・コルタナ自体のドロップ率が極めて低く、栄誉の輝きでは月1個までしか交換できないので、武器自体のデメリットを除いても本数を増やしにくい武器です。

オールド・コルタナのスキル効果(スキルLv10)

【黒霧方陣・暴君】

闇属性キャラの攻撃力上昇(15%)
闇属性キャラの最大HP-10%

【黒霧方陣・三手】

闇属性キャラのダブル・トリプルアタック確率上昇(4.6%)

※セレスト・マグナの加護込みで攻刃は30%、ダブル・トリプルアタック確率は約9%上昇
暴君のHP-10%には加護は乗らない

 

ケル銃はマグナ編成に入れるべき?

上でも書いたように、オールド・コルタナはHP-10%のデメリットがあるので、複数入れるのは厳しいです。

ですが、ケル銃ならHPを減らさずに連続攻撃確率(約7%)を上げられるので「連続攻撃確率は上げたいけど、HPは減らしたくない」という場合は組み込めます。(オルタナ1:ケル銃1など)

また、ケル銃は非攻刃武器ですが、背水(小)が付いてるので、水着ゾーイなどの背水と相性の良いキャラがいれば、火力をある程度カバーすることができます。

ただし、背水を活かせない場合は、連続攻撃確率と引き換えに単発火力を大きく落とすことになります。

召喚石の加護が乗らない分、本数を増やすと火力が落ちるので、マグナ編成ならケル銃は入れても1本です。

ちなみに、オルタナとケル銃のスキル効果は別枠で、効果量は加算されます。(例:マグナ編成でオルタナ1:ケル銃1なら、ダブル・トリプルアタック確率は約16%上昇)

 

ケルベロス・オーダーの交換に必要なトレジャー数

【1個目】

  • ケルベロスのアニマ×15
  • ケルベロッテリボン×20
  • ケルベロスのマグナアニマ×5
  • マジックヘイロー×5

 

【2個目】

  • ケルベロスのアニマ×30
  • ケルベロッテリボン×50
  • ケルベロスのマグナアニマ×20
  • マジックヘイロー×10

 

【3個目】

  • ケルベロスのアニマ×50
  • ケルベロッテリボン×80
  • ケルベロスのマグナアニマ×40
  • マジックヘイロー×20

 

【4個目】

  • ケルベロスのアニマ×100
  • ケルベロッテリボン×160
  • ケルベロスのマグナアニマ×80
  • マジックヘイロー×40

 

【5個目】

  • ケルベロスのアニマ×175
  • ケルベロッテリボン×280
  • ケルベロスのマグナアニマ×140
  • マジックヘイロー×70

 

【合計】

  • ケルベロスのアニマ×370
  • ケルベロッテリボン×590
  • ケルベロスのマグナアニマ×285
  • マジックヘイロー×145

 

ケルベロス・オーダーの最終上限解放に必要なトレジャー数

  • 銃のエレメント×60
  • ダーク・ジーン×60
  • 真なる闇のアニマ×1
  • カローンクッキー×220
  • ケルベロスのアニマ×150
  • ケルベロッテリボン×200
  • ケルベロスのマグナアニマ×120
  • マジックヘイロー×30
  • 1万ルピ

 

ヘルウォードセプター

攻刃付きの武器ですが、攻撃力が低いので序盤の繋ぎに使える程度です。

トレジャー交換してまで集める必要はありません。

 

ヘルウォードボウ

こちらも攻刃付きの武器なので、闇属性攻刃武器が不足しているなら繋ぎに使えます。

ですが、SSR武器の方が優先度が高いので、トレジャー交換してまで集める必要はありません。


スポンサーリンク


フェンリル討滅戦の武器・召喚石の評価

フェンリル討滅戦では、以下の武器・召喚石を入手できます。

  • フェンリル
  • グレイプニル
  • フィンブル
  • レージング
  • スキールニル

 

フェンリル

最大上限解放時の加護

水属性キャラ攻撃25%UP
奥義ゲージ上昇量20%UP

最終上限解放時の加護

水属性キャラ攻撃40%UP
奥義ゲージ上昇量20%UP

召喚効果は、討滅戦で入手できる「コキュートス」と同じです。

召喚効果が有用かつ、最終上限解放をすることで、ステータスが高くなるので、カツウォヌス編成で使えます。

カツウォヌスを使うなら、最終上限解放分を集めておくといいでしょう。

そうでないなら加護が弱いので、無理に取る必要はありません。

 

フェンリルの交換に必要なトレジャー数

【1個目】

  • フェンリルのアニマ×30
  • ホーリーナイトベル×50
  • フェンリルのマグナアニマ×15

 

【2個目】

  • フェンリルのアニマ×60
  • ホーリーナイトベル×120
  • フェンリルのマグナアニマ×50

 

【3個目】

  • フェンリルのアニマ×90
  • ホーリーナイトベル×150
  • フェンリルのマグナアニマ×75

 

【4個目】

  • フェンリルのアニマ×120
  • ホーリーナイトベル×180
  • フェンリルのマグナアニマ×100

 

【合計】

  • フェンリルのアニマ×300
  • ホーリーナイトベル×500
  • フェンリルのマグナアニマ×240

 

フェンリルの最終上限解放に必要なトレジャー数

  • 水晶のエレメント×60
  • 青竜鱗×10
  • 海神の扇尾×3
  • 真なる水のアニマ×1
  • ホワイトフレーク×300
  • フェンリルのアニマ×180
  • ホーリーナイトベル×270
  • フェンリルのマグナアニマ×140
  • 2万ルピ

 

グレイプニル

グレイプニルのスキル効果(スキルLv15)

【霧氷の二手】

水属性キャラのダブルアタック確率上昇(6.6%)

【水の攻刃】

水属性キャラの攻撃力上昇(12%)

攻撃力が高めで、Lv120になると「霧氷の二手」に加えて「水の攻刃」を習得します。

使うなら最終上限解放が前提の武器です。

この武器の評価・必要本数は、ヴァルナ編成かマグナ編成かで変わります。

 

ヴァルナ編成の場合

SSR召喚石「ヴァルナ」の加護で「霧氷の二手」と「水の攻刃」を強化できるので、強力になります。

特に「霧氷の二手」が強力で、スキルLv15なら3凸ヴァルナの加護込みで、グレイプニル1本あたり、ダブルアタック確率が約15%ほど上昇します。(3凸ヴァルナ×2なら1本あたり約24%上昇)

 

連続攻撃スキル(二手・三手)の上限について

スキル「二手・三手」による連続攻撃確率は、召喚石の加護も含めて50%までしか上昇しません。

例えば、グレイプニルのスキルLv15(ダブルアタック確率6,6%上昇)を2つ装備し、メイン・サポーター召喚石両方で3凸ヴァルナを選択した場合、ダブルアタック確率は上限に近い約48%になります。

この場合、3本目のグレイプニルを入れても、ダブルアタック確率は2%程度しか上昇しないので無駄が出てしまいます。

 

グレイプニルは何本必要?

ヴァルナ編成でグレイプニルが何本必要か?は、グレイプニル以外の二手武器(オベロンなど)が何本あるか?によって変わります。

グレイプニル以外に二手武器がないなら2本程度。

オベロンなど、他に二手武器があるなら、場合によっては1本以下になります。

基本的には、二手武器全てのスキル効果を足して、上限(50%)を大きく超えないように組むといいでしょう。

 

主な水属性二手武器の連続攻撃確率(スキルLv最大時)

【ヴァルナ加護なし】

  • グレイプニル(6,6%)
  • 玄武甲槌・王(3,2%)
  • オベロン(3,4%)
  • スラーンド(5%)

 

【3凸ヴァルナ×1】

  • グレイプニル(約15%)
  • 玄武甲槌・王(約7%)
  • オベロン(約7%)
  • スラーンド(約11%)

 

【3凸ヴァルナ×2】

  • グレイプニル(約24%)
  • 玄武甲槌・王(約11%)
  • オベロン(約12%)
  • スラーンド(約17%)

 

※全て1本あたりの数値

 

マグナ編成の場合

マグナ編成では、グレイプニルに召喚石の加護が乗らないこと、またグレイプニル1本ではダブルアタックがそこまで出ないことから編成には入りません。

攻刃も(小)なので、火力UPに繋がりにくいのも難点。

 

グレイプニルの交換に必要なトレジャー数

【1個目】

  • フェンリルのアニマ×15
  • ホーリーナイトベル×20
  • フェンリルのマグナアニマ×5

 

【2個目】

  • フェンリルのアニマ×30
  • ホーリーナイトベル×50
  • フェンリルのマグナアニマ×20

 

【3個目】

  • フェンリルのアニマ×50
  • ホーリーナイトベル×80
  • フェンリルのマグナアニマ×40

 

【4個目】

  • フェンリルのアニマ×75
  • ホーリーナイトベル×100
  • フェンリルのマグナアニマ×60

 

【合計】

  • フェンリルのアニマ×170
  • ホーリーナイトベル×250
  • フェンリルのマグナアニマ×125

 

グレイプニルの最終上限解放に必要なトレジャー数

  • 斧のエレメント×60
  • 霧氷の宝珠×75
  • アクア・ジーン×60
  • 真なる水のアニマ×1
  • ホワイトフレーク×220
  • フェンリルのアニマ×150
  • ホーリーナイトベル×200
  • フェンリルのマグナアニマ×120
  • 1万ルピ

 

フィンブル

フィンブルのスキル効果(スキルLv15)

【青星の渾身】

水属性キャラのHPが多いほど攻撃力が上昇(大)

※HP最大時で効果量は15%(各種攻刃とは別枠)

【水の守護】

水属性キャラの最大HP上昇(14%)

使うなら最終上限解放が前提の武器です。

2016年11月に大幅な弱体化がされ、スキルによる攻撃力の上昇値が減り、さらにHPが減った時にスキルの効果量が大幅に下がるようになりました。

フィンブルもグレイプニル同様、ヴァルナ編成かマグナ編成かで必要本数・評価が変わります。

 

ヴァルナ編成の場合

弱体化後でも「青星の渾身」が各種攻刃とは別枠スキルなのと、SSR召喚石「ヴァルナ」の加護でスキルを強化できるため、ヴァルナ編成なら2~3本ほど入ります。

ただし「青星の渾身」の特性上、HPが高い状態を維持できないと火力が落ちるのが難点。

そのため、何本入れるかは挑む敵や、現在の編成などによって変えるといいでしょう。

 

青星の渾身のHPごとの効果量
  • HP100%:15%
  • HP95%:約13%
  • HP90%:約12%
  • HP85%:約10%
  • HP80%:約9%
  • HP75%:約8%
  • HP70%:約7%
  • HP60%:約5%
  • HP50%:約4%

 

マグナ編成の場合

マグナ編成の場合、ヴァルナ編成と違いスキルを強化できません。

HPが100%なら「青星の渾身」が各種攻刃と別枠(15%)なので強力ですが、HPが減ると大幅に火力ダウンしてしまいます。

扱いづらいので、基本的にはマグナ編成なら不要です。

 

フィンブルの交換に必要なトレジャー数

【1個目】

  • フェンリルのアニマ×15
  • ホーリーナイトベル×20
  • フェンリルのマグナアニマ×5
  • クレセントシャックル×5

 

【2個目】

  • フェンリルのアニマ×30
  • ホーリーナイトベル×50
  • フェンリルのマグナアニマ×20
  • クレセントシャックル×10

 

【3個目】

  • フェンリルのアニマ×50
  • ホーリーナイトベル×80
  • フェンリルのマグナアニマ×40
  • クレセントシャックル×20

 

【4個目】

  • フェンリルのアニマ×100
  • ホーリーナイトベル×160
  • フェンリルのマグナアニマ×80
  • クレセントシャックル×40

 

【5個目】

  • フェンリルのアニマ×175
  • ホーリーナイトベル×280
  • フェンリルのマグナアニマ×140
  • クレセントシャックル×70

 

【合計】

  • フェンリルのアニマ×370
  • ホーリーナイトベル×590
  • フェンリルのマグナアニマ×285
  • クレセントシャックル×145

 

フィンブルの最終上限解放に必要なトレジャー数

  • 弓のエレメント×60
  • アクアジーン×60
  • 真なる水のアニマ×1
  • ホワイトフレーク×220
  • フェンリルのアニマ×150
  • ホーリーナイトベル×200
  • フェンリルのマグナアニマ×120
  • クレセントシャックル×30
  • 1万ルピ

 

レージング

スキルが二手しか付いてないので使えません。

入手したらスキル餌でOKです。

 

スキールニル

こちらもレージング同様、二手しか付いてないので使えません。

入手したらスキル餌でOKです。

 

武器を集める時の注意点

武器を集める場合、以下の2つの注意点があります。

  1. 一部の武器は難易度HELLのクリアが必要
  2. トレジャー交換は後回しにする

 

1.一部の武器は難易度HELLのクリアが必要

ケルベロス・オーダーとフィンブルの交換に必要なマジックヘイローとクレセントシャックルは、難易度HELLでしか入手できません。

また、武器自体も難易度HELLでしかドロップしません。

つまり、HELLをクリアできないと集められないということです。

そのため、戦力的に余裕がなければ、ケルベロス・オーダーとフィンブルは諦めるのが無難です。

 

2.トレジャー交換は後回しにする

最終上限解放には、同じ武器(召喚石)ではなく、特定のトレジャーが必要です。

先にトレジャー交換で武器を最大上限解放して、そこから必要なトレジャーを集める場合、最終上限解放分のトレジャーを集めてる最中に同じ武器がドロップすることがあります。

そうなると、必要以上にトレジャー集めに時間を使うことになります。

なので、特に最終上限解放を目指す場合は、トレジャー交換はなるべく後回しにしましょう。

 

闇を強化するか水を強化するか

ケルベロス/フェンリル討滅戦は、開催期間が非常に短いです。

闇を強化したいならケルベロス討滅戦。

水を強化したいならフェンリル討滅戦など、やることをある程度絞るといいでしょう。


スポンサーリンク

無課金でもSSRキャラを増やせる2つの方法

グラブルを無課金でプレイしていると、中々強力なSSRキャラを入手できませんよね。
以下のページでは、無課金でもSSRキャラを増やせる”2つの方法”を紹介しています。
無課金でもSSRキャラを増やしたいなら、是非チェックしてみてください。

⇒無課金でもSSRキャラを増やせる2つの方法をチェックする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます



コメントは受け付けていません。