【グラブル】攻刃スキルの基礎と効果について徹底解説!

このページでは、グラブルの武器スキル「攻刃」について解説します。

攻刃について、よく分からない場合の参考になればと思います。

スポンサーリンク

攻刃とは?

攻刃とは、対象属性のキャラの攻撃力を%単位で上げてくれる武器スキルのことです。

グラブルで火力を上げる場合、スキルに攻刃が付いた武器を装備するのが基本になります。

攻刃の属性とキャラの属性が合ってないと無意味

攻刃なら、何を装備してもいいわけではありません。

攻刃の属性とキャラの属性が合ってないとスキルが発動しないので、合わせる必要があります。

例えば、上の画像の攻刃の場合、水属性のキャラにしか効果がありません。

 

攻刃スキルは大きく分けて3種類

攻刃スキルは、大きく分けて以下の3種類があります。

  • 通常攻刃
  • 方陣・攻刃
  • アンノウン(unk)

 

通常攻刃

主にレジェンドガチャや、イベントなどで入手できる武器に付いています。

通常攻刃スキルの例
  • 紅蓮の攻刃
  • 霧氷の攻刃
  • 地裂の攻刃
  • 乱気の攻刃
  • 天光の攻刃
  • 奈落の攻刃

※種族ごとの攻撃力を上げる「バハムート武器」のスキルも通常攻刃枠に含まれます。

 

方陣・攻刃

各島の星晶獣(ティアマトなど)からドロップする武器に付いています。

方陣・攻刃スキルの例
  • 機炎方陣・攻刃
  • 海神方陣・攻刃
  • 創樹方陣・攻刃
  • 嵐竜方陣・攻刃
  • 騎解方陣・攻刃
  • 黒霧方陣・攻刃

※この枠に入るスキルは、スキルのアイコンに「M」が付いてます。

 

アンノウン(unk)

ローズクイーン、黄龍・黒麒麟や、特定のイベントで入手できる武器に付いています。

アンノウンスキルの例
  • 灼滅の覇道
  • アンノウンATKII
  • 紅薔薇の棘
  • 裁考の覇道
  • 震天の雷鳴
  • 靂天の暗雲

※この枠に入るスキルは、スキルのアイコンに「EX」が付いてます。
※アンノウンではなく「EX攻刃」と呼ばれることもあります。

 

攻刃スキルの効果量

通常攻刃

スキルLv攻刃(小)攻刃(中)
11,0%3,0%
22,0%4,0%
33,0%5,0%
44,0%6,0%
55,0%7,0%
66,0%8,0%
77,0%9,0%
88,0%10,0%
99,0%11,0%
1010,0%12,0%
1110,4%12,5%
1210,8%13,0%
1311,2%13,5%
1411,6%14,0%
1512,0%14,5%
スキルLv攻刃(大)攻刃Ⅱ
16.0%7.0%
27.0%8.0%
38.0%9.0%
49.0%10.0%
510.0%11.0%
611.0%12.0%
712.0%13.0%
813.0%14.0%
914.0%15.0%
1015.0%16.0%
1115.6%16.8%
1216.2%17.6%
1316.8%18.4%
1417.4%19.2%
1518.0%20.0%
スキルLv攻刃Ⅲ
18,0%
29,0%
310,0%
411,0%
512,0%
613,0%
714,0%
815,0%
916,0%
1017,0%
1118,0%
1219,0%
1320,8%
1421,2%
1522,0%

 

方陣・攻刃

スキルLv方陣・攻刃方陣・攻刃Ⅱ
13,0%6,0%
24,0%7,0%
35,0%8,0%
46,0%9,0%
57,0%10,0%
68,0%11,0%
79,0%12,0%
810,0%13,0%
911,0%14,0%
1012,0%15,0%
1112,5%15,6%
1213,0%16,2%
1313,5%16,8%
1414,0%17,4%
1514,5%18,0%

 

アンノウン

スキルLv攻刃(小)攻刃(中)
11,0%3,0%
22,0%4,0%
33,0%5,0%
44,0%6,0%
55,0%7,0%
66,0%8,0%
77,0%9,0%
88,0%10,0%
99,0%11,0%
1010,0%12,0%
1110,4%12,5%
1210,8%13,0%
1311,2%13,5%
1411,6%14,0%
1512,0%14,5%
スキルLv(大)(特大)
16,0%9,0%
27,0%10,0%
38,0%11,0%
49,0%12,0%
510,0%13,0%
611,0%14,0%
712,0%15,0%
813,0%16,0%
914,0%17,0%
1015,0%18,0%
1115,6%19,0%
1216,2%20,0%
1316,8%21,0%
1417,4%22,0%
1518,0%23,0%

攻刃の数値について

よく言われる「通常攻刃30」などの数字は、上の表の効果量(%)の合計値のことです。

スキルLvの合計値ではありません。

例えば「通常攻刃30」なら、スキルLv10の通常攻刃(大)の武器2本分ということです。


スポンサーリンク


攻刃武器のスキルLvを上げて火力アップ!

上の表を見てのとおり、スキルLvが低い攻刃武器が1本あっても、火力は大して上がりません。

ですが、攻刃武器を複数装備してスキルLvを上げることで、火力が大幅にアップします。

特に中盤以降は、攻刃武器のスキルLvを上げてるかどうかで、同じ戦力でも火力に大きな差が出ます。

 

ダメージ計算時に3種の攻刃は乗算になる

上で解説した3種類の攻刃スキルと背水スキルは、ダメージ計算時に乗算(かけ算)になります。

ダメージ計算式(一部)
  • ×{1+方陣攻刃×(1+マグナ加護)}
  • ×{1+方陣背水×(1+マグナ加護)}
  • ×{1+アンノウン攻刃×(1+神崎蘭子加護)}
  • ×{1+通常攻刃×(1+ゼウス系加護)+バハ武器攻UPスキル+キャラ攻撃力UP加護+攻撃力UPバフ}
  • ×{1+通常背水×(1+ゼウス系加護)+キャラサポアビ背水}
  • ×{1+通常渾身×(1+ゼウス系加護)}
  • ×(弱点補正*1+属性攻撃力UP加護+属性攻撃力UPバフ)

上の計算式のとおり、ダメージ計算時の枠が違えば乗算(かけ算)となり、さらにダメージが伸びます。

そのため、スキルは1種類だけでなく、枠が違うスキルを複数組み合わせる方が強力になります。

例えば、10×1×1×1×1は10ですが、2×2×2×2×2は32になるといった感じです。

背水は、HPが減っている時に真価を発揮するスキルです。

そのため、別枠でもスキルが背水のみの武器は扱いづらいです。

 

複数のスキル枠を備えた武器は強力!

スキル枠が違えばダメージ計算時に乗算になるので、さらにダメージが高くなります。

この特性から、以下のような1本で複数のスキル枠を備えた武器は強力になります。

複数のスキル枠を備えた武器の例
  • ティアマトボルト・マグナ(方陣・攻刃+方陣・背水)
  • シュヴァリエソード・マグナ(方陣・神威+通常攻刃)
  • セレストクロー・マグナ(方陣・攻刃+方陣・背水)
  • クリムゾンフィンガー(通常攻刃+通常背水)
  • グラーシーザー(通常攻刃+通常背水)

※神威は攻刃(小)と守護(小)がセットになったスキル

 

それぞれの武器の本数の理想は?

最終的な装備編成の1つ「マグナ編成」では、以下の本数が理想となっています。

マグナ編成の例
  • 通常攻刃:2~3本(内バハムート武器1本)
  • 方陣・攻刃:4~7本
  • アンノウン(unk):0~3本
  • セラフィックウェポン(4属性):1本

※属性ごとに本数は変わります。

基本的には、上記の本数を目安に装備を組んでみるといいでしょう。

上記の例は、あくまで目安です。

新武器・新スキルの追加で、必要本数や組み込む武器などは変わります。

 

火力を上げるなら必須!

グラブルで火力を上げるなら、攻刃スキルの理解と強化は必須です。

早めに覚えて装備を強化していきましょう!

 

スキル上げ関連の記事


スポンサーリンク

無課金でもSSRを増やせる2つの方法

無課金でプレイしていると、中々SSRキャラが増えませんよね。
以下のページでは、無課金プレイヤーでもSSRキャラを増やせる”2つの方法”を紹介しています。
無課金でもSSRキャラを増やしたい場合は、チェックしてみてください。

⇒無課金でもSSRを増やせる2つの方法をチェックする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます



コメントは受け付けていません。