【グラブル】初心者の内から毎日やること6選!

グラブルで強くなるためには、日々の積み重ねが大事になります。

このページでは、グラブルで着実に強くなるために、初心者の内から毎日最低限やるべきことについて解説します!

スポンサーリンク

初心者の内から毎日やること

初心者の内から、毎日やるべきことは主に以下の6つです。

  1. ログインボーナスの受け取り
  2. TwitterでのAP/BP回復
  3. カジノでの景品交換
  4. 共闘デイリーミッション
  5. 各島ハードボスの討伐
  6. 各マグナボスの討伐

 

1.ログインボーナスの受け取り

忙しい日でも、ログインだけはしておきましょう。

ログインボーナスでエリクシールハーフや、宝晶石をもらえます。

 

2.TwitterでのAP/BP回復

Twitterと連携することによって、1日1回APとBPを全回復できます。

すぐにできるので、APとBPが尽きた時に忘れずにやっておきましょう。

【グラブル】Twitterと連携してAPとBPを全回復する方法!

 

3.カジノでの景品交換

最低限、エリクシールハーフとソウルシードは交換しておくことをオススメします。

この2つをしっかり交換することで、クエストをこなせる回数が大幅に増えます。

また、メダルの枚数に余裕があれば、各種マグナアニマなどの消耗品も交換しておくといいでしょう。

カジノを利用するかどうかで、装備を整えるスピードが大幅に変わると言っても過言ではありません。

関連ページ:カジノ攻略の記事一覧

 

4.共闘デイリーミッション

共闘のデイリーミッションを3種クリアすると碧空の結晶という貴重なアイテムを入手できます。

このアイテムは、特に最初の頃は入手手段が非常に少なく、基本的に共闘のデイリーミッションでしか入手できません。

にも関わらず、後で大量に必要になります。

そのため、なるべく最初の頃から共闘デイリーミッションを毎日消化しておくことをオススメします。

【グラブル】共闘クエストの概要を解説!


スポンサーリンク


5.各島ハードボスの討伐

忙しくない限りは、6属性3回ずつこなしておきたいところです。

その場合、APが合計で270必要ですが、エリクシールハーフを使ってでもこなす価値があります。

というのも、島ハードをこなすと以下のように、様々なメリットが得られるからです。

  • 武勲の輝き集めができる
  • マグナアニマを集められる
  • SR方陣・攻刃武器を集められる
  • スキル餌を集められる
  • 様々なトレジャーを集められる

島ハードをこなすことで、マグナアニマがドロップするので、各マグナボスに行ける回数も増えます。

また、入手できるSR方陣・攻刃武器も序盤・中盤では、戦力の要になります。

それに、入手できるその他のアイテムも、後々確実に必要になるので無駄になりません。

【グラブル】島ハードの概要と島ハードに行く7つのメリット!

 

6.各マグナボスの討伐

こちらもAPに余裕があれば、こなしておきたいところです。

各マグナボスからドロップする攻刃付きSSR武器は、グラブル最強武器の一角です。

そのため、戦力を強化するためにマグナボスにコツコツ通うことが重要になります。

ここをしっかりこなすかどうかが強くなれるかどうかの分かれ目と言ってもいいでしょう。

【グラブル】マグナに行くことで得られる6つのメリット!

 

おまけ1:ルピガチャ

ルピに余裕があれば、1日100回回しておくといいでしょう。

+ボーナス付きの武器・召喚石を確保できるので、後々の戦力強化に役立ちます。

また、たまにブロンズムーンを獲得できるので、エリクシールハーフなどを増やすことにも繋がります。

【グラブル】+ボーナスとは?効果や付け方のまとめ

【グラブル】ムーンで交換するべきオススメのアイテムを紹介!

 

おまけ2:90円レジェンドガチャ

課金に抵抗がなければ、こちらもオススメです。

3000円を使うことが前提なら、レジェンドフェス時に10連ガチャ1回に使うより、90円で毎日回した方がSSRが出る期待値は高くなります。

 

毎日の積み重ねで差がつく!

グラブルは、日々の積み重ねで差がつくゲームです。

そのため、この記事に書いたことを早い内からこなすことをオススメします。


スポンサーリンク

無課金でもSSRを増やせる2つの方法

無課金でプレイしていると、中々SSRキャラが増えませんよね。
以下のページでは、無課金プレイヤーでもSSRキャラを増やせる”2つの方法”を紹介しています。
無課金でもSSRキャラを増やしたい場合は、チェックしてみてください。

⇒無課金でもSSRを増やせる2つの方法をチェックする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます



コメントは受け付けていません。