【グラブル】四象EXを非AT0ポチで効率よく周回する方法を紹介!

今回は、四象降臨の難易度EXを0ポチ(非AT)で周回する方法を解説します。

四象周回をする際の参考になればと思います。

攻略動画はこちら

両面3凸黄龍+十天統べで十天衆の奥義ゲージが開幕から100%になるので、2番目に配置することで3チェインが可能になります。

十天衆を統べてない場合や、ダメージが足りない場合は、他心陣かクリュサオルのアーセガルで主人公の奥義ゲージを100%にしてフルチェインを打つといいでしょう。

ユリウスの場合、リミサポを★★★まで振ることで、バトル開始時の奥義ゲージが10%UPします。
そのため、黄龍の加護と合わせて開幕から奥義ゲージを100%にできるので、十天衆の代わりとして使うこともできます。

黄龍(3凸)の加護効果

動画の武器編成について

武器編成はわりと適当です。

必殺武器や、渾身武器がある属性が使い回しやすいと思います。(必ずしも水属性である必要はない)

ダメージが足りない場合は+を振る、もしくは有利属性の編成を組んで挑むのもアリです。

有利属性なら天司武器も有効なので、編成のハードルはかなり下がります。

あとは、両面黄龍(属性石)でマグナ石や、神石の加護が乗らないので、単純に攻刃値が高い武器(バハ武器・W攻刃武器・ゼノ武器など)で枠を埋めるのもアリです。

使用キャラについて

先頭は、基本的には両面3凸黄龍+十天統べで開幕奥義ゲージが100%になる十天衆を使うことになります。

残りの2キャラは奥義ダメージが高いキャラ(ルリアなど)や、奥義に追加ダメージが付くタイプのキャラがダメージを出しやすいのでオススメです。




おすすめの記事



この記事をシェアする

ABOUTこの記事を書いた人

Rank250/十天の極み/コーヒーが好きな微課金まったり騎空士。 騎空団「りざれくしょん!」の団長もやってます。 ブログでは、初心者向けの攻略記事の他に、最新のマグナ編成に関する記事や、グラブルをプレイする上で役立つ記事など、様々な記事を書いてます。