今回は、土マグナ編成での古戦場EX+(2000万)の肉集めについて書きます。

土古戦場用の肉集め編成を組む際の参考になればと思います。




はじめに

この記事のダメージは、あくまで私の環境でのダメージとなります。

指輪効果や+の所持数、アーカルム・天司石の有無・凸段階などでダメージが変わりますので、実際に自分でも試すことをオススメします。

また、ダメージ上限が足りてるかどうかはミスト等を入れて試してみてください。

召喚石の組み合わせは、ゴブロ斧が3本の場合は両面ユグマグ。

ゴブロ斧が5本の場合は、3凸黄龍×ユグマグです。

オクトーに久遠の指輪を入れてるので、他の部分は極力ハードルを下げるようにしてます。(可能ならウリエル・ハングドマンを置いていくなど)

各キャラの指輪効果

オクトー 攻撃力+1500/HP+750/
奥義ダメージ上限+12%/回復性能+21%
※久遠の指輪あり
サラーサ 攻撃力+1800/HP+900/奥義ダメージ上限+8%
ジークフリート 攻撃力+1500/HP+750/
渾身+4/ダブルアタック確率+11%
ダーント 攻撃力+1800/HP+900
アルルメイヤ 攻撃力+600/HP+300
ジン 攻撃力+900/HP+450
奥義ダメージUP系のLBは全振りしてます。




永遠拒絶の竪琴が4凸の場合

まずは終末武器(永遠拒絶の竪琴)4凸の状態での編成を紹介します。(正確には5凸してるけどスキルLv15/第三スキルなしの状態)

メカニック3ポチ(土船・土炉なし)

メカニック1・2アビ+オクトー1アビの3ポチです。

ジークのところは最終サラーサ・ダーントでもいけます。

ユグ剣・オールド・ペルセウスのところはユグ剣2本、オールド・ペルセウス2本でもいいです。(ゴブロ刀でもダメージはなんとか足りるかも)

ダメージ上限が足りなければ、ハングドマンや白虎邪(アンダリス)あたりを入れれば足りると思います。

クリュサオル2ポチ1召喚(土船・土炉なし)

ウリエル召喚⇒アーセガル⇒デュアルアーツの2ポチ1召喚です。

オメガ・終末武器に渾身を付ければダメージに余裕は出ます。

また、土オメガ剣or刀を持ってるならメインに装備することで、奥義効果でダメージを伸ばせます。

ウリエル召喚の部分は、土バザラガを所持している場合、ダメージが足りるなら3アビ(味方全体の奥義ゲージ30%UP)で代用できます。

永遠拒絶の竪琴を5凸している場合

永遠拒絶の竪琴を5凸している場合は、第三スキルに渾身を付けることでダメージを大きく伸ばせます。

そのため、ポチ数を減らしやすくなります。

非AT

メカニック2ポチ(土船・土炉あり)

メカニック1・2の2ポチです。

ダメージはギリギリなので、ハングドマンの凸段階が足りてない場合や、ウリエル未所持の場合は結構厳しいと思います。

もし、ダメージ上限が足りない場合は、白虎邪(アンダリス)を入れる。

それか指輪で奥義上限UP系の能力を付けてください。

クリュサオル2ポチ(土船・土炉あり)

アーセガル⇒デュアルアーツの2ポチです。

メインはクリュサオルの英雄武器「ヴァッサーシュパイアー」にしてます。

ヴァッサーシュパイアーに魔獄を付けることで、奥義発動時に追加ダメージ(合計2回)が付くのでダメージを伸ばしやすいです。

また、この追加ダメージはアビリティ枠なので、オメガ・終末武器のアビリティダメージ上限UPでダメージを伸ばせます。(アビダメ上限UPを付ける場合はどちらか片方でOK)

土オメガ刀の部分は土オメガ剣。
ユグ剣5凸の部分は、オールド・ペルセウスでも代用できます。




AT

ATに団アビを被せてる団が多いので、トライアルで少しダメージが足りてなくても上限が足りてるなら、古戦場中は2000万に届くことが多いです。

上限が足りてるかどうかは、ミスト等を入れて試してみてください。

銃ジョブ1ポチ(土船・土炉あり)

オクトー1アビのみの1ポチです。

エーケイとアルルの奥義効果で奥義ゲージが伸びるので、オクトーを4番手に置くことでオクトーが200%奥義を打てます。

ちなみに、指輪厳選(奥義上限UPを付ける)をしたり、ハングドマンやウリエルを凸っている場合は0ポチでもいけると思います。

クリュサオル1ポチ(土船・土炉あり)

デュアルアーツのみの1ポチです。

主人公奥義2回+アルルの奥義効果でオクトーで200%奥義を打ってます。

ダメージに関してはオクトーが200%奥義を打てさえすれば、わりと何とかなるので、少しハードルを下げてもいけます。

アルルを使わない場合は、コンパニオンウェポンに無銘金重を装備すれば、オクトーが200%奥義を打つことが可能です。