【グラブル】対アーカーシャHL用の土マグナの編成例と実際の立ち回りなどを紹介!

今回は、対アーカーシャHL用土マグナ編成と立ち回りなどを紹介します。

アーカーシャHLに行く際の参考になればと思います。

はじめに

ジョブや武器編成は、野良でやるか?団員など慣れたメンバーでやるか?で変わってきます。

野良でやる場合は汁を飲めないので、セージ・スパルタなど討伐最優先の安定重視の編成。(セージが多い場合は火力職でもOK)

団員など慣れたメンバーでやる場合は汁を飲めるので、火力寄りの編成という感じで行くのがオススメです。

安定性を重視するか、火力を重視するかは募集内容や、参加メンバーにも左右されます。

 

土マグナの武器編成例(剣豪)

私の場合は、上記の土マグナ編成で剣豪でやってます。

メインは奥義を回すために無銘金重。

他はHPが多いほど安定するのでゴブロ刀4本。

ゴブロ斧は、クリティカルが出ないので1本にしてます。

一応、高HP帯の火力を伸ばすために、ゴブロ斧は1本はあってもいいと思います。

あとは主人公や、オクトーなどの刀キャラの連撃を伸ばすためにオメガ刀を入れてます。

エーケイがない場合は、ゼノ武器2本目か方陣枠の武器を入れるといいでしょう。

ちなみにスパルタをやるときは、メインにウォフ剣を担いでます。

キャラ編成

奥義火力が優秀な最終オクトーと、防御(55%の2アビのマウントも含む)・火力支援で優秀なブローディアは固定ですね。

あと1枠はリミカイン、ジーク、アレーティアのような刀得意のキャラか、奥義の無属性ダメージでガンガン削れる最終サラーサあたりを入れるといいでしょう。

主人公のアビは、他心陣と保険のリヴァイヴがあればOKです。

 

石編成

正直あまり良い石がないです・・・。

メイン・サポーター召喚石の組み合わせは、非有利なのでゴブロ×ユグマグです。

ブローディアはHP85%のカット、トールはHP75/50/25%で他にデバフを入れる人がいなければ使ってます。

他の石は奥義などで火力を出したい場面や、他の人の石を合体召喚で拾いたいときに使ってます。

他だと持っている場合は、以下のような石を持って行くといいでしょう。

  • テュポーン4凸(奥義ゲージUP/スロウ)
  • フレイ(火力UP/3凸ならHP55%のトリガー対策)
  • アポロン4凸(HP55%のトリガー対策)
  • グリームニル(HP55%のトリガー対策)
  • バハムート4凸(奥義ダメージUP)
  • ギルガメッシュ(火力UP/被ダメージ軽減)
  • ティターン(HP10%のトリガー対策)
  • ウリエル(火力UP)

全体を通しての立ち回り

開幕他心陣を使って、奥義を打つことを意識した立ち回りで貢献度を稼いでいきます。

長期戦になりがちなので、最終オクトーの3アビのような永続/消去不可のアビリティが強いです。

合気Lv2で攻撃20%UP(別枠)/防御50%UP/DA・TA30%UPまで付くので、2回までなら押して損はないです。

また、奥義ゲージが200%になったときや、4アビを使ったときは1アビを使って奥義ダメージを伸ばします。

4アビは永続効果なので、使えるようになったらすぐ使ってOKです。

ブローディアのアビは、以下のようなカットが必要なときに使いましょう。

HP95/85%

95%でファラが飛んでこなければ、ブローディアの1アビでカットします。
85%のトリガーはゴブロを召喚して100%カットします。

HP55%

ブローディア2アビで防ぎます。
マウントorバリア石がある場合は、ブローディア2アビは75%で使ってもOKです。

最終サラーサは4アビだけでOKです。

貢献度をガンガン稼ぎたいならHP50%を切ったあたりで、最後全体で飛ばしたいときは15%を切ったあたりで使うと良いでしょう。

通常攻撃のダメージはそこまで高くないので、奥義ダメージで削ることを意識していくと貢献度を稼ぎやすいです。

テュポーン4凸やウリエルがある場合は、ガンガン使っていくのがオススメです。

 

こんな記事も読まれてます



コメントは受け付けていません。