【グラブル】10億団を作って半年たったので、これまでの活動を振り返ってみる~10億全敗団設立編~

10億団「りざれくしょん!」を作って半年たったので、備忘録も兼ねてこれまでの活動を振り返ってみます。

今回は、10億全敗団設立編です。

備忘録的なものなので、いつもの記事とは口調を変えて書きます。

スポンサーリンク

この記事の関連記事

 

10億団を作る前の話

りざれくしょん!を作る前、私はとあるAクラス低空団に1年ちょっと所属していた。

団の雰囲気も良く、団員とは毎日楽しくグラブルをやれていた。(・・・と思う)

・・・が私の中で一つだけ問題があった。

古戦場での貢献度寄生だ。

団長含む団の中心人物は、毎回古戦場を頑張っていたが、毎回毎回貢献度が低い団員が何人かいた。

毎回古戦場を頑張る人は一緒、貢献度が低い人も一緒。

・・・こんな状況だ。

もちろん、ゲームである以上使える時間は限られてるので、貢献度が少なくなるのも仕方ない。

貢献度が低い団員も自分なりに頑張っていたとは思う。

・・・が自己満足なところもあったが私自身、毎回団内で1位~3位に入るぐらい貢献度を稼いでたので、そういう団員には不満があった。

たまにTwitterで愚痴を吐いてしまうこともあった。

それでも、低空のおかげもあって毎回4勝・5勝していて、結果や報酬に文句はなかったので、団には1年以上いた。

・・・が2018年5月土古戦場で事件が起きてしまう。

本戦4日目、格上とマッチングした時だった。

この日、朝の時点では速度差もあって負けていたが、私含む団員数名が日中張り付いて夕方6時ぐらいに団貢献度3億差ぐらいまで引き離した。

団貢献度3億というのは上位団にとっては大した差ではないが、中堅団にとっては結構な差だ。

私も「日中仕事だった団員も帰ってくるし、これだけ差があれば今日は勝っただろう」と思って安心していた。

・・・が「日中仕事だった団員が帰ってくる」というのは相手団にも言えることで、夜になって相手団の主力が戻ってきたのか、徐々に貢献度差を詰められてしまう。

そしてついには、逆転負けしてしまった。

私自身、この日はほぼ1日中走って、団員1人あたり平均の3倍以上の貢献度を稼いでたので喪失感が半端なかった。

・・・これだけ走ったのにどぼじで…:;

しかも逆転負けしただけではない。

このときTwitterで毎回貢献度が低くて、今回も団内20位以下だった団員が「負けたけど、楽しかったですねー!」みたいな発言をしていたのだ。

これを見たとき、自分の中で何かが切れてしまった。

「お前大して稼いでないだろ!!!黙ってろ!!!」みたいな文句を言いたくなったが、このときはグッとこらえた。

しかし、もう古戦場のやる気は出ない。

まだ本戦5日目を残していたが、走る気力も全くわかない。

これまで1年以上、朝活で無遅刻無欠席を貫いてきたが、本戦5日目の朝活をサボってしまった。(朝活はサボったが、結局当日1億は稼いだ)

 

10億全敗団が無難かもしれない

1日中走っても負けるし、寄生にも嫌気がさしていたりで古戦場に疲れてしまった。

それに、その時の団はまったり思考の団員が多く、自分はどちらかと言えばガッツリなので、自分がいることで雰囲気を悪くしてしまうかもしれない。

団の雰囲気や、団員も好きだったが団を辞めることを決意した。

・・・じゃあ辞めてどこへ行くのか?というと、特に行くあてはない。

古戦場を頑張る団(上位団)に行く気力もないし、2.5億敗北団だと報酬が物足りない。

一応グラブルのモチベが下がったわけではなかったので、ある程度の報酬は欲しかった。

ここで目に付いたのが10億全敗団だ。

本戦で毎日団貢献度10億を稼いで、個ラン3万位に入れば、最低でも勲章を405個獲得できる。(当時)

それに、敗北前提なら朝活をする必要もないし、生活にも多少の余裕を持てる。

本戦で勝ちを狙う場合、朝活は必須だし、日中も相手団の動向を気にしなければならないが、10億全敗団にはそういう負担はない。

ただ、団員各自が必要分の貢献度を稼げばいいのだ。

しかも、敗北前提で本戦に臨むから、敗北時の喪失感もない。

今の自分にピッタリだと思った。

しかし、当時は10億全敗団は少なく、入りたい団もなかった。

そこで、思い切って自分で団を作ることにした。

一応、過去にネトゲで数年間団長をしていた経験もあったし、古戦場での寄生対策も含めて、ある程度自分が思い描くような団を作れると思ったからだ。

団長業はストレスが溜まることもあるし、実際には大変だったりするのだが、このときはグラブルでやりたいことも減ってきたし、何か他に楽しみを見出したかった・・・というのもある。

スポンサーリンク

団名を決めた時の話

団を作るにあたって、団名を決めなければいけない。

団名は、前の団を同じタイミングで抜けたフレンド(当時の副団長)と決めることにした。

お互いテイルズシリーズ(RPG)が好きなので、テイルズシリーズの技名から団名を決めることにした。

例えば、魔神剣みたいな漢字の技名だと厨二っぽいので、カタカナの技(魔法)から取ることにした。

そこで候補に上がったのが「リザレクション」

リザレクションとは、円の中に入ったPTキャラを回復する魔法のこと。(下みたいなの)

このまま団名に使っても良かったが、カタカナだと堅い感じがするので「りざれくしょん!」という団名になった。

団員からは「りざれく」と略されることもある。

ちなみに、団名はテイルズから取っているが、団ではテイルズの話は全くしてないし、団名以外にテイルズ要素はない()

話は逸れるが、最近のテイルズは駄作が多くなってやらなくなってしまった。

昔は名作揃いでどれをやっても楽しかったのだが・・・。

 

団ルールを決めた時の話

10億全敗団とは団名の通り、全敗前提で本戦で毎日団貢献度を10億稼ぐ団である。

実際には、10億稼いで全敗することはないが・・・。

団貢献度を確実に10億まで稼いで、10億団として成り立たせるためには、古戦場でルールを設ける必要がある。

当時決めた古戦場方針は、以下のようなもの。

  • 各自、本戦各日で貢献度を3400万稼ぐ
  • 3400万を稼いだら自由
  • 朝活なしで貢献度は好きな時間に稼いでOK

団貢献度10億にさえ乗ればいいので、各自10億÷30の約3400万の貢献度を稼げればいい。

各自がしっかり3400万稼いで10億に乗せるという方針なので、貢献度寄生もわかない。

そして全敗前提なので、朝活もする必要はないし、3400万を稼いだ後は好きにしても構わない。(別ゲーやっててもOK)

貢献度3400万というのは、装備をしっかり整えてる人なら、2時間もかからずに稼げるから時間的負担も少ない。

ある程度の水準に達している人にとっては、かなり緩い方針だったと思う。

今は方針が変わって、各自個ラン3万位がノルマになりました。

スポンサーリンク

団員を30人集めるまで

団名と方針が決まったら、次は団員を集めないといけない。

しかし、ただ適当に団員を集めるだけでは10億全敗団として成り立たない。

実際に団員を集めるときに気を付けたことなどを書こうと思う。

 

貢献度3400万稼げるかどうか?

10億全敗団は、団員各自が3400万を稼いで団貢献度10億に乗せるという方針なので、本戦で毎日3400万を稼げる人に入ってもらう必要がある。

実際には、3400万を稼げない人が少しぐらいいても、余裕がある人が余分に貢献度を稼げば、団貢献度10億は問題なく達成できる。

しかし、寄生が嫌で団を作ったわけだから、団の目標貢献度÷30を大幅に下回る団員がいてはいけない。

それに団貢献度10億を達成できても、後々稼いでる側の団員から不満も出る。

そこで、入団前の面接時に必ず以下のような質問をすることにした。

「本戦中は、毎日貢献度を3400万稼いでいただきますが、無理なく達成できますか?」

この質問にイエスと答えた人に入団してもらい、逆に答えられなかった人は入団をお断りした。

また、火力騎空士で過去の個ラン順位を調べたり、戦力的に不安がありそうな人には編成も見せてもらったりした。

貢献度に不安がありそうな人は、とにかく断った。

 

団の目標貢献度÷30を大幅に下回る団員はいない方がいい

個人的な意見だが、団の目標貢献度÷30を大幅に下回る団員は団にいない方がいいと思う。

リアルの事情など、やむを得ない事情があるときは仕方ないが、そういう事情もなく貢献度が著しく低い団員がいると、他団員のモチベ低下に繋がる。

こういった団員を放置して「頑張れる人間が頑張ればいい」というのは、そういった人間を甘やかすことになる。

結果いつまでたってもお荷物のままなのだ。

しかも、こういった団員に限って団内マルチなどの交流の場にも顔を出さない傾向にある。

ハッキリ言って空気なのだ。

 

敗北前提でも問題ないか?

団貢献度10億以上稼ぐとなると、必ず頑張れば勝てそうな場面が出てくる。

こうなったときに「勝てそうだから勝ちに行こう!」という人と「ノルマ分しか稼ぎたくない!」という人が出てきて対立する可能性がある。

なので、入団前の面接時に必ず以下のような質問をすることにした。

「本戦中、少し頑張れば勝てそうな状況でも勝ちにいきませんが、よろしいですか?」

うちはあくまで敗北団だ。

「勝てそうだから勝ちに行こう!」という流れになると「入団前と話が違う!」ということになりかねない。

また、こういった確認を取らないと「なんで勝てそうだったのに勝ちに行かないの?」と言う人も出てくるだろう。

入団前にしっかり確認を取っておけば、こういうトラブルは防げるし、変に期待させないので、敗北したときのダメージも少なくて済む。(元々敗北団だが)

実際には団員各自がどう思ってるか知らないが、団設立から半年、勝敗に関することでのトラブルは起きていない。

ちなみに個人的なことを言うと、中途半端に勝ちを狙いに行くのは好きじゃない。

もし、勝ちを狙うなら・・・

  • 古戦場開始までの準備(装備収集など)
  • 団員の戦力状況の把握
  • 速度を出すための情報共有
  • 古戦場中の団員の予定管理(ペア決めなど)
  • 朝活への参加

この辺を徹底するべきだと思っている。

これらを行わずに勝ちを狙うと、一部の団員に負担が偏ったり、足を引っ張る団員が出てきてギスブルの原因になる。

勝ちに行くなら勝ちに行くで徹底する、それをしないなら敗北前提でまったりやるのが個人的にはギスブルしにくくていいと思っている。

 

募集から2週間ちょっとで30人集まる

当時は10億全敗団が少なかったのもあり、あっという間に10人ちょっと集まった。

これ以降も少しずつ増えていったが、待ってるだけでは30人集まらないので、毎日Twitterや掲示板に張り付いてどんどん勧誘していった。

そして、なんとか団設立から2週間ちょっとで入団予定者含めて30人集めることができた。

自分で言うのも何だが結構頑張ったと思う。

 

実際にどんな人が集まったか?

りざれくしょん!には、以下のような人が集まった。

  • いつも団内で一番貢献度を稼いでたが、疲れてしまった人
  • 上位団にいたが、古戦場に疲れてしまった人
  • とりあえず一定以上の勲章を取れればいい人
  • 仕事の関係で朝活ができない人

私のように古戦場に疲れてしまった人が多かったと思う。

10億全敗団というのは、古戦場に疲れたけど、一定以上の報酬は欲しいという人にはうってつけなのだ。

古戦場を全力でやりたい人や、至極の指輪が欲しい人には向かないが、ある程度高い水準でまったりやりたい人にはいいだろう。

元々前団で貢献度を稼いでいた側の人が多いので、古戦場が始まる前から全日10億の目標は余裕で達成できそうな雰囲気だった。

 

この記事の続きについて

かなり長くなるので、続きは後日書きます。

次回からは古戦場編です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

※続きは以下からご覧ください。

 

この記事の関連記事

 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます



無課金でもSSRキャラを増やせる2つの方法

グラブルを無課金でプレイしていると、中々強力なSSRキャラを入手できませんよね。以下のページでは、無課金でもSSRキャラを増やせる2つの方法を紹介しています。無課金でもSSRキャラを増やしたい場合は、チェックしてみてください。

>>無課金でもSSRキャラを増やせる2つの方法をチェックする


 

コメントは受け付けていません。