【グラブル】リミットボーナスの概要と能力強化時のおすすめの振り方

今回は、リミットボーナス(旧ゼニスパーク)の仕組みと、能力強化時のおすすめの振り方について解説します。

リミットボーナスについて、よく分からない場合の参考になればと思います。

スポンサーリンク

リミットボーナスとは?

リミットボーナスとは、ジョブやキャラのLvを最大まで上げた後に、LBを使ってさらに能力を強化できるシステムのことです。

 

LBとは?

能力強化や、リミットアビリティを習得するために必要なポイントのことです。

このLBは、以下の方法で取得できます。

  • LvMAXにしたジョブ・キャラで36000EXPを稼ぐ
  • JP50をLB1に変換する(ジョブのみ)
  • 20ジェムをLB1に変換する
  • 同名キャラのLBを変換する

※キャラの場合は、上限解放段階に関係なくLvMAXならLBを取得可能。
※ジェムは、ショップで宝晶石やモバコイン、GREEコイン、DMMポイント、グラブルコインなどを使って購入可能。

 

同名キャラのLBについて

LBは、同じ名前のキャラでも、バージョンなどが違う場合は別々で貯まります。(例:RバージョンとSSRバージョンなど)

また、貯めたLBは別バージョンの同名キャラに変換できます。

変換レートはLB5⇒LB1です。

 

LBの取得には大量の経験値が必要

上にも書きましたが、1LBを稼ぐのに36000EXPが必要です。

この36000EXPというのは、クラスⅡのジョブをLv20にするのに必要な経験値と同程度になります。

そのため、Lv上げが終わってない序盤は、LBを意識する必要はありません。

LBは全てのジョブで共有

ジョブが入手できるLBは、全てのジョブで共有となります。

例:ダークフェンサーで5LB稼いだ場合、他のLv20のジョブに変更しても5LBはそのまま。

 

リミットアビリティについて(ジョブ)

LBを使って習得できるアビリティです。

このリミットアビリティは、EXアビリティ枠に設定できます。

ただし、EXアビリティと違い、リミットアビリティを習得したジョブと同系統のジョブでしか設定できません。

サイドワインダーのリミットアビリティ「チェンジ」は、レンジャー系統のジョブ(レンジャー、マークスマン、サイドワインダー、ハウンドドッグ)以外は設定できない。

 

リミットボーナスクラス

リミットボーナスには、リミットボーナスクラスという物が設定されています。

このリミットボーナスクラスの段階が上がることで、能力強化をできる回数が増えます。

リミットボーナスクラス上昇の条件
  • ジョブ:プレイヤーのRankを一定まで上げる
  • キャラ:LBを一定回数取得する
同名キャラの場合リミットボーナスクラスは共有

バージョンが違う同名キャラの場合、リミットボーナスクラスは共有されます。

【通常】

【水着バージョン】

 

能力強化の回数が増えると必要LBも増える

能力強化に必要なLBは、強化するごとに増えていきます。

例えば、最初はどの能力も1LBで強化できますが、2回目以降強化する時は2LB以上必要になるといった感じです。

 

能力強化の反映について

LBを使って能力強化をしても、能力強化の状態は全てのジョブ、または全ての同名キャラで共有されるわけではありません。

 

ジョブの場合

例えば、ダークフェンサーで上の画像のように能力を強化しても、ウェポンマスターに変更した場合は、この能力強化の状態は反映されません。

つまり、ダークフェンサーはダークフェンサー。

ウェポンマスターはウェポンマスターで、別々に能力強化をする必要があるということです。

 

キャラの場合

キャラの場合は、同名でバージョンが違うと、能力強化の状態も別々になります。

例えば、上の画像のようにSSRバージョンで能力強化をしても、SRバージョンには能力強化の状態は反映されません。

 

能力リセットについて

リミットボーナスで強化した能力は、リセットすることができます。

ただし、能力強化時に使用したLBは戻ってきません。

そのため、LBを使って能力強化をする場合は、よく考えてから行うことをオススメします。


スポンサーリンク


おすすめの能力強化

能力強化時のオススメの振り方を紹介します。

 

ジョブの能力強化

ジョブによってオススメの能力強化は変わりますが、基本的には以下のものに振っていくといいでしょう。

能力強化の状態が反映されるのは、基本的に主人公のみです。

 

攻撃力

上昇値
  • ★☆☆:500UP
  • ★★☆:1500UP
  • ★★★:3000UP

最優先で振っておきたいのがこちらです。

効果量が大きく、火力アップに繋がるので、どのジョブでも有効です。

 

防御力

上昇値
  • ★☆☆:1%UP
  • ★★☆:3%UP
  • ★★★:5%UP

効果量は少なめですが、振ることで主人公の生存率が少し上がります。

 

HP

上昇値
  • ★☆☆:300UP
  • ★★☆:600UP
  • ★★★:1000UP

HPが上がるので、主人公の生存率が上がります。

 

弱体成功率

上昇値
  • ★☆☆:1%UP
  • ★★☆:3%UP
  • ★★★:5%UP

振ることでデバフの成功率が上がります。

デバフを入れるジョブなら、振っておくことをオススメします。

 

DA確率

上昇値
  • ★☆☆:1%UP
  • ★★☆:3%UP
  • ★★★:5%UP

ダブルアタック確率がアップします。

主人公のダブルアタック確率が上がることで、奥義ゲージが早く溜まり、フルチェインを狙いやすくなります。

また、手数が増えることで与ダメージ上昇にも繋がります。

 

得意武器攻撃1・2

上昇値
  • ★☆☆:1%UP
  • ★★☆:3%UP
  • ★★★:5%UP

同じ武器種を並べる時などにオススメです。

得意武器補正(20%)に加算され、得意武器種を並べた時の火力がさらに伸びます。

得意武器補正とは?

得意武器補正とは、主人公と仲間キャラが得意な武器を装備した時に付加されるボーナスです。(メイン・サブ枠両方含む)

主人公の場合は、攻撃力とHPがそれぞれ+20%。

仲間キャラの場合は、攻撃力+20%のボーナスが付加されます。

例えば、攻撃力2000・HP200の剣を装備した場合は以下のようになります。

【主人公(得意武器が剣のジョブ)】

⇒攻撃力+400とHP+40のボーナス

【仲間キャラ(得意武器が剣のキャラ)】

⇒攻撃力+400のボーナス

 

キャラの能力強化

キャラの能力強化の項目は、以下のようにタイプや種族によって変わります。(一部例外アリ)

①上段(タイプごとに変わる)

【バランスタイプ】

【攻撃タイプ】

【防御タイプ】

※○属性軽減は自身の有利属性(例:自身が風属性の場合は土属性軽減)

【回復タイプ】

【特殊タイプ】

②中段(種族ごとに変わる)

【ヒューマン】

【エルーン】

【ドラフ】

【ハーヴィン】

【星晶獣・種族不明】

※○属性攻撃は自身の属性、○属性軽減は自身の有利属性

③下段(キャラごとに変わる)

下段は、タイプ・種族などは関係なく、そのキャラ固有のものになります。

では、振っておくといいものを紹介していきます。

 

攻撃力

上昇値
  • ★☆☆:500UP
  • ★★☆:800UP
  • ★★★:1000UP

ジョブの能力強化と比べると数値は低いですが、振ることで火力アップに繋がります。

ただし、装備が整ってくるほどメリットが薄くなるので、火力アップを狙う場合は、先にクリティカル率やDA・TA確率に振ることをオススメします。

 

防御力

上昇値
  • ★☆☆:5%UP
  • ★★☆:8%UP
  • ★★★:10%UP

振ることで防御力が上がるので、生存率も上がります。

ジョブの能力強化より効果量が高いので、生存率を重視したい場合は振っておくといいでしょう。

 

HP

上昇値
  • ★☆☆:250UP
  • ★★☆:500UP
  • ★★★:750UP

ジョブの能力強化より効果は低いですが、生存率を上げたい場合は振っておくといいでしょう。

 

回復性能

上昇値
  • ★☆☆:10%UP
  • ★★☆:15%UP
  • ★★★:20%UP

振ることで回復量と上限がアップします。

回復アビリティ持ちのキャラなら振っておくといいでしょう。

 

クリティカル

上昇値
  • ★☆☆:約12%UP
  • ★★☆:約20%UP
  • ★★★:約25%UP

★の数が増えるごとに、クリティカル倍率・発動率が上がります。

また、複数取得した場合は個別に判定され、倍率が加算されます。

効果量が大きいので、基本的には★★★まで振っておくといいでしょう。

ただし、敵に対して有利な属性でないとクリティカルは発生しないので注意が必要です。

 

DA確率

上昇値
  • ★☆☆:3%UP
  • ★★☆:5%UP
  • ★★★:6%UP

振ることで、ダブルアタック確率が上がり、奥義ゲージや手数の増加に繋がります。

★★☆⇒★★★で1%しか変わらないので、基本的には★★☆まで振っておくといいでしょう。

また、複数取得できる場合は、それぞれ★1個ずつ降った方が上昇値が大きくなります。

 

TA確率

上昇値
  • ★☆☆:2%UP
  • ★★☆:4%UP
  • ★★★:5%UP

振ることで、トリプルアタック確率が上がり、奥義ゲージや手数の増加に繋がります。

こちらも★★☆⇒★★★で1%しか変わらないので、基本的には★★☆まで振っておくといいでしょう。

また、こちらがある場合は、DA確率より先に振ることをオススメします。

 

○属性攻撃

上昇値
  • ★☆☆:5%UP
  • ★★☆:8%UP
  • ★★★:10%UP

召喚石の加護や、属性攻撃バフと同枠で加算されます。

召喚石の加護や、属性攻撃バフの効果量が多くなるほどメリットが薄くなりますが、振っておいて損はありません。

 

弱体成功率

上昇値
  • ★☆☆:5%UP
  • ★★☆:8%UP
  • ★★★:10%UP

デバフの重要度が高いキャラなら振っておくことをオススメします。

複数取得できる場合は、各★1個ずつなど、別々で振っておくといいでしょう。

 

ジョブ関連の記事


スポンサーリンク

この記事をシェアする

    無課金でもSSRを増やせる2つの方法

    無課金でプレイしていると、中々SSRキャラが増えませんよね。
    以下のページでは、無課金プレイヤーでもSSRキャラを増やせる"2つの方法"を紹介しています。
    無課金でもSSRキャラを増やしたい場合は、チェックしてみてください。

    ⇒無課金でもSSRを増やせる2つの方法をチェックする

    この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

    コメントは受け付けていません。