救国の忠騎士の進め方と武器・召喚石の評価

今回は、シナリオイベント「救国の忠騎士」の進め方と、イベント限定武器・召喚石の評価について書きます!

イベントに挑戦する時の参考にどうぞ。

スポンサーリンク

まずはイベントストーリーから!

イベントが始まったら、まずはストーリーのクリアを目指しましょう。

難易度が低めに設定されてるので、ゲームを始めて間もない初心者でもクリアできます。

 

ヴェインを正式に仲間に!

イベントが始まると、SRキャラ「ヴェイン」がPTに加入します。

ただし、この時点では正式にPTに加入していません。

ヴェインは、イベント期間中に信頼度を750まで上げることで正式にPTに加入します。

信頼度は、ヴェインをPTに入れた状態(サブメンバーでもOK)でクエストに行くことで上がるので、信頼度が750になるまでは常にPTに入れておくといいでしょう。

ちなみに、イベント以外のクエストでも信頼度は上がります。

イベント期間中に信頼度を750にできなかった場合、イベント終了後にヴェインを使えなくなってしまいます。

なので、なるべくイベント期間中に信頼度を上げて仲間にすることをオススメします。

 

エクストラクエスト(ボス)でトレジャー集め!

「救国の忠騎士」では、エクストラクエスト(ボス)に何度も挑戦してトレジャーを集め、武器やアイテムと交換するのが目的になります。

ただし、グラブルを始めて間もない場合は、難易度EXTREME以上のクリアは厳しいです。

VERYHARDでもトレジャーは集められますが、トレジャーのドロップ数が少ないため効率が悪くなります。

そのため、難易度EXTREME以上を安定してクリアできなければ、トレジャー集めを諦めるのも1つの手です。

 

ダマスカス骸晶は余裕があれば3個交換!

難易度EXTREME以上を安定してクリアでき、余裕があるなら交換しておきたいのがダマスカス骸晶です。

ダマスカス骸晶は10個集めることで、ショップでSSRまでの武器を1段階上限解放できるダマスカス鋼と交換できます。

入手が難しいSSR武器の上限解放に役立つので、ダマスカス骸晶は余裕があれば上限である3個を交換しておくといいでしょう。

ダマスカス骸晶の交換に必要なトレジャー数

【1個目】

  • 救国のメダリオン×50
  • 黄金の欠片×30
  • 黄金の指輪×15

【2個目、3個目共通】

  • 救国のメダリオン×100
  • 黄金の欠片×60
  • 黄金の指輪×30

スポンサーリンク


イベント限定武器・召喚石の評価

「救国の忠騎士」では、以下の限定武器・召喚石を入手できます。

  • シルフ
  • バルムンク
  • 竜鱗の槍
  • 竜髭の弦

 

シルフ

最大上限解放で加護が「火属性キャラの攻撃力/回復性能25%UP」に。

レジェンドガチャ産以外の火の召喚石なら、討滅戦で入手できるイフリートの方が断然優秀です。

シルフは召喚効果も微妙なので、無理に集める必要はありません。

 

バルムンク

最終上限解放後Lv120にすることで、スキルに「火の背水」が追加。

使うなら最終上限解放が前提の武器です。

ただし、最終上限解放しても背水(小)な上に攻刃が付いてないので、扱いづらい武器と言えます。

マグナ編成を使ってる、もしくは初心者の場合は無理に集める必要はありません。

ゲームを始めたばかりで火のSSR剣が1つもないなら、繋ぎに1本確保しておくのはアリです。

アグニス編成なら、暴君で減ったHPを補えるので、バルムンクは選択肢に入ってくるようです。

 

竜鱗の槍

攻撃力は低めですが、攻刃付きの武器なので序盤~中盤は使えます。

ただし、トレジャーを使ってまで交換する必要はないです。

 

竜髭の弦

こちらも攻撃力は低めですが、攻刃付きの武器なので序盤~中盤は使えます。

ただし、竜鱗の槍同様トレジャーを使ってまで交換する必要はないです。

 

半額キャンペーンを優先するのもアリ

今回のイベントで入手できる「ダマスカス骸晶」以外の物は優先度が低いです。

それに、今は半額キャンペーンの最中です。

イベントストーリーをクリアしたら、あとはマグナや共闘クエストを優先するのもアリでしょう。


スポンサーリンク

この記事をシェアする

    無課金でもSSRを増やせる2つの方法

    無課金でプレイしていると、中々SSRキャラが増えませんよね。
    以下のページでは、無課金プレイヤーでもSSRキャラを増やせる"2つの方法"を紹介しています。
    無課金でもSSRキャラを増やしたい場合は、チェックしてみてください。

    ⇒無課金でもSSRを増やせる2つの方法をチェックする

    この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

    コメントを残す