【グラブル】キャラ石と属性石の違いとは?

今回は、召喚石の「キャラ石」と「属性石」の違いについて解説します!

この2つの違いが、よく分からない場合の参考になればと思います。

スポンサーリンク

キャラ石とは?

加護に「○属性キャラ攻撃○%UP」と書かれている召喚石のことです。

討滅戦で入手できる、コロゥやディアボロスなどがこれに当たります。

 

属性石とは?

加護に「○属性攻撃力が○%UP」と書かれている召喚石のことです。

カジノで入手できる、アナトなどがこれに当たります。

 

キャラ石と属性石の違いは?

キャラ石と属性石の違いは、ダメージ計算時の枠です。

ダメージ計算式(一部を抜粋)
  • ×{1+方陣攻刃スキル×(1+マグナ加護)}
  • ×{1+方陣背水スキル×(1+マグナ加護)}
  • ×{1+アンノウンATKスキル×(1+神崎蘭子加護)+その他コラボイベント武器スキル}
  • ×{1+通常攻刃スキル×(1+ゼウス系加護)+バハ武器攻UPスキル+キャラ攻撃力UP加護+通常攻UPバフ}
  • ×{1+通常背水スキル×(1+ゼウス系加護)}
  • ×(弱点補正*1+属性攻撃力UP加護+属性攻撃力UPバフ)
  • ×(1+その他バフ(スパスタのアパッショナート))

※ジ・オーダー・グランデも、キャラ攻撃力UPと同じ枠に含まれます。

簡単に言うと、以下のようになります。

  • キャラ石:通常攻刃枠に加算
  • 属性石:通常攻刃など他のスキル枠に対して乗算

※キャラ石=通常攻刃だと思ってもらえれば大丈夫です。


スポンサーリンク


どちらが強いかは場合による

キャラ石と属性石どちらが強いのかは、以下のように場合によります。

  • 通常攻刃スキルが低い⇒キャラ石が強い
  • 通常攻刃スキルが高い⇒属性石が強い

 

通常攻刃スキルが低い

キャラ石は、通常攻刃枠に加算なので「○属性キャラ攻撃50%UP」の召喚石があれば、通常攻刃(大)のスキルLv5の武器が5本分相当になります。

そのため、通常攻刃武器が不足している序盤は、火力の補強に役立ってくれます。

 

通常攻刃スキルが高い

キャラ石を装備すると、さらに通常攻刃枠に加算されます。

加算されて値が高くなるほど、計算式の関係上ダメージが伸びにくくなります。

そのため、通常攻刃スキルが一定以上の値になると、同じ枠のキャラ石を使うより、別枠の属性石を組み合わせた方が乗算になり、ダメージが伸びやすいです。

例えば、10+10は20にしかなりませんが、10×3は30になるといった感じです。

ある程度装備が整ってきたら、キャラ石ではなく属性石を使うといいでしょう。

 

加護の効果量によっても変わる

上のキャラ石と属性石どちらが強いかの例は、絶対ではありません。

加護の効果量によっても、どちらを選ぶべきかは変わってきます。

例えば、通常攻刃スキルが高い場合でも、属性石の加護の効果量が低いと弱いです。

逆に通常攻刃スキルが低い場合でも、属性石の加護の効果量が高い場合は、属性石の方が強くなります。

※極端な例ですが。

有利属性以外の相手だと、基本的にキャラ石は属性石に劣ります。

 

最終的には属性石の方が強い

キャラ石は、特に通常攻刃スキルが低い序盤に効果を発揮します。

ですが、最終的な装備編成では、各スキル枠に対して乗算という特性もあって属性石に軍配が上がります。

以下の記事でシミュレータを使って検証してみたので、詳しくはそちらをご参考ください。

 

召喚石関連の記事


スポンサーリンク

この記事をシェアする

    コメントを残す