この想いを、何に喩えようかの進め方と武器・召喚石の評価

今回は、初心者向けに「この想いを、何に喩えようか」の攻略の流れを解説します。

イベントに参加する時の参考にどうぞ!

スポンサーリンク

まずはイベントストーリーのクリアから!

イベントが始まったら、まずはイベントストーリーのクリアを目標にしましょう。

※「届かないほど、近くのあなたへ」より少し敵が強くなってます。

 

今回の敵は水属性

「届かないほど、近くのあなたへ」の時と違い、今回の敵は水属性になってます。

なので、水属性に対して有利な土属性のキャラをPTに入れて挑戦するといいでしょう。

 

パリスを正式にPTに加入させよう!

今回のイベントでは、信頼度を上げることでパリスが仲間になります。

パリスの信頼度が750になるまでは、常にPTに入れておくといいでしょう。(サブメンバーでも可)

 

イベントマルチバトルに挑戦!

ストーリーを進めると、イベントマルチバトル(ボス)に挑戦できます。

「届かないほど、近くのあなたへ」と同じで、イベントではこのボスを何回も倒して報酬の獲得を目指します。

「この想いを、何に喩えようか」で挑戦できるボスは、以下の2種類です。

  • モンタギューガード
  • 神王モンタギュー

 

モンタギューガード

必要アイテム

ヴェローナの壁片:3個

ヴェローナの壁片は、イベントストーリーで入手できます。

2回目以降挑戦する時に足りなくなったら、イベントバトルで調達するといいでしょう。

 

神王モンタギュー

必要アイテム

ヴェローナ・リリー:3個

ヴェローナ・リリーは、モンタギューガードのクリア報酬で手に入ります。

 

報酬をゲット!

「この想いを、何に喩えようか」の報酬は「届かないほど、近くのあなたへ」と共通になっています。

なので、報酬に関しては以下の記事をご覧ください。

⇒届かないほど、近くのあなたへの進め方と武器・召喚石の評価


スポンサーリンク


イベント限定武器・召喚石の評価

「この想いを、何に喩えようか」では、以下のイベント限定武器・召喚石を入手できます。

  • ヴェローナ・ハート
  • ヴェローナボウ
  • ヴェローナククリ
  • ヴェローナライフル

 

ヴェローナ・ハート

入手方法
  • この想いを、何に喩えようかの初回クリア報酬
  • 神王モンタギュー(HELL)初回クリア報酬
  • フェローバトル【栄光】初回クリア報酬
  • モンタギューガードからドロップ
  • 神王モンタギューからドロップ

最大上限解放で、防御力10%UP+バトル開始時に水属性キャラの奥義ゲージ10%UPが追加。

加護は、討滅戦で入手できるコキュートスの方が扱いやすいです。

無理に集める必要はないでしょう。

 

ヴェローナボウ

入手方法
  • 戦貨ガチャ(2回目)
  • 累計貢献度100万、300万の達成報酬
  • モンタギューガードからドロップ
  • 神王モンタギューからドロップ

スキルが守護という残念な武器。

入手したらスキル餌でOKです。

 

ヴェローナククリ

入手方法
  • 戦貨ガチャ
  • 累計貢献度20万、60万の達成報酬
  • モンタギューガードからドロップ
  • 神王モンタギューからドロップ

スキルが見切なので使えません。

入手したらスキル餌にするといいでしょう。

 

ヴェローナライフル

入手方法
  • 戦貨ガチャ
  • 累計貢献度30万、110万の達成報酬
  • モンタギューガードからドロップ
  • 神王モンタギューからドロップ

スキルが技巧なので、性能は微妙です。

スキル餌にしても問題ありません。

 

攻略の流れのまとめ

では、攻略の流れをまとめます。

  1. イベントストーリーをクリアする
  2. イベント期間中にパリスを仲間にする
  3. イベントマルチバトル(ボス)に挑戦する
  4. 入手したイベント専用アイテムの数に応じて報酬ゲット!

「この想いを、何に喩えようか」は「届かないほど、近くのあなたへ」の続きのイベントになります。

なので、基本的にやることは両方とも同じです。

貢献度を稼ぐ場合は、戦いやすいボスに挑んで稼ぐといいでしょう。


スポンサーリンク

この記事をシェアする

    無課金でもSSRを増やせる2つの方法

    無課金でプレイしていると、中々SSRキャラが増えませんよね。
    以下のページでは、無課金プレイヤーでもSSRキャラを増やせる"2つの方法"を紹介しています。
    無課金でもSSRキャラを増やしたい場合は、チェックしてみてください。

    ⇒無課金でもSSRを増やせる2つの方法をチェックする

    この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

    コメントを残す